本との偶然の出会いをWEB上でも

P+D MAGAZINE とは

P+D MAGAZINEとは、「書店での本との偶然の出会いを、WEB上でも体験してもらいたい」という想いで生まれました。こちらのページでは、P+D MAGAZINEについて、編集部の想いを記述しています。

TOP

本との偶然の出会いをWEB上でも―。

P+D MAGAZINEは、「書店での本との偶然の出会いを、WEB上でも体験してもらいたい」という思いで生まれました。

書店で偶然、読みたい本が見つかるように、P+D MAGAZINEで、素敵な本との出会いを体験してみてください。

本は、あらゆる場面で、心の支えとなってくれるものです。特にちょっとヘコんだ時、疲れちゃった時、家族や友人に相談できない時、前に向かう力を与えてくれる存在です。そんな素敵な本との出逢いをP+D MAGAZINEを通じて、体感していただけたら嬉しいです。

また、本を読みたい気持ちはあるけれど、何を読んだらよいかわからない時、自分の進むべき道が見つからない時も本を通じて、得られるものはとても大きいですね。

P+D MAGAZINEには、本が好きな全ての人にとって役に立つ、知っておきたい情報が満載。昭和の文豪から現代作家まで、その作品創作の背景、原点、人物像などを深く知ることができる記事や、本がもっともっと好きになる、読んでタメになる、わかりやすい文学講座などのコラム記事、文学にまつわるまとめおもしろエピソードなど、本に関する情報を多岐に渡ってお届けしていきます。すべての本好きの人の心を満たすような記事を充実させていくことが、編集部のモットーです。

1日の終わりに。電車での移動中に。ランチタイムに。ちょっとした隙間時間に、知って良かった、と思える情報に触れてみませんか?

今後は、すべての本好きの人の心に届くような記事の発信はもちろんのこと、ユーザーの皆さまとのコミュニケ―ションが取れるような仕組みも作っていきたいと、編集部一同考えています。

あなたの読書ライフを豊かにするP+D MAGAZINEを、よろしくお願いいたします。

P+D MAGAZINE 編集部一同

△ P+D MAGAZINE とは | P+D MAGAZINE TOPへ