本との偶然の出会いをWEB上でも

太宰治(だざい おさむ)

プロフィール

1909年6月19日~1948年6月13日

 

本名 津島 修治(つしま しゅうじ)。小説家。

1909年青森県の大地主の家に生まれ、17歳の頃からクラスメートと作った同人雑誌に小説やエッセイを書き始めた。1929年の秋ごろから左翼思想に傾斜し、資産家の子という自己の出身階級と思想の違いに悩み、睡眠薬で自殺を図り昏睡状態になるが助かる。1930年、東大仏文科入学。小説家になるために井伏鱒二に弟子入りする。20歳の時から交際する芸者と婚約するも、鎌倉の酒場の女性と鎌倉の小動崎で自殺をはかり、太宰一人だけが助かる。在学中、左翼系の非合法活動に参加するが3年で脱退。その後井伏の指導で文学に精進し、檀一雄や中原中也らと同人雑誌を創刊、『思い出』を始めとして、作家になる決意で、執筆活動を開始する。東大仏文科を1935年に中退。

1935年、『逆行』が、第1回芥川賞の次席となる。処女短編集『晩年』を刊行。この頃、パビナール中毒に悩み、入院し退院した翌年の1937年に妻・小山初代の不貞を知り、初代と自殺を図るも未遂に終わる。(初代とは離別)。1939年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚、平穏な生活となり、『富嶽百景』、『走れメロス』、『女生徒』など多くの佳作を書く。戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し、愛人・山崎富栄と玉川上水で入水自殺。2人の遺体は入水から6日後の6月19日、太宰の誕生日に発見され、この日は太宰が死の直前に書いた短編「桜桃」にちなみ「桜桃忌」と名付けられた。

代表作一覧

  • 走れメロス書影

    『走れメロス』(1940年)

  • ヴィヨンの妻書影

    『ヴィヨンの妻』(1947年)

  • 斜陽書影

    『斜陽』(1947年)

  • 人間失格書影

    『人間失格』(1948年)

受賞歴

第1回芥川賞候補『逆行』(1935年)(※この時受賞したのは石川達三『蒼氓』)

太宰治(だざい おさむ)関連記事リンク

△ 太宰治(だざい おさむ) | P+D MAGAZINE TOPへ