本との偶然の出会いをWEB上でも

江國香織(えくに かおり)

プロフィール

1964年3月21日~

小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。

東京都世田谷区出身。1984年目白学園女子短期大学国語国文学科卒業後、アメリカ・デラウェア大学で詩を学ぶ。1986年、児童文学雑誌「飛ぶ教室」に投稿した『桃子』が入選。翌年、『草之丞の話』で第4回《小さな童話》大賞の大賞を受賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』で第1回フェミナ賞を受賞し、初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行し作家デビュー。1991年、童話集『こうばしい日々』で第38回産経児童出版文化賞、翌1992年、同作で第7回坪田譲治文学賞を受賞。

1992年『きらきらひかる』で第2回紫式部文学賞、2002年描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第15回山本周五郎賞を受賞。ほかにも2004年『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞、2012年『犬とハモニカ』で第38回川端康成文学賞を受賞した。小説以外にも詩作、海外絵本の翻訳も手掛けている。

代表作一覧

  • 『きらきらひかる』(1991年)

  • 『落下する夕方』(1996年)

  • 『東京タワー』(2001年)

  • 『間宮兄弟』(2004年)

受賞歴

第4回《小さな童話》大賞 大賞 受賞 『草之丞の話』(1987年)

第1回フェミナ賞 『409ラドクリフ』 (1989年)

第38回産経児童出版文化賞 『こうばしい日々』(1991年)

第7回坪田譲治文学賞 『こうばしい日々』(1992年)

第2回紫式部文学賞『きらきらひかる』(1992年)

第21回路傍の石文学賞『ぼくの小鳥ちゃん』(1999年)

第15回山本周五郎賞『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(2002年)

第130回直木賞『号泣する準備はできていた』(2004年)

第14回島清恋愛文学賞『がらくた』(2007年)

第5回中央公論文芸賞『真昼なのに昏い部屋』(2010年)

第38回川端康成文学賞『犬とハモニカ』(2012年)

第51回谷崎潤一郎賞『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』(2015年)

江國香織(えくに かおり)関連記事リンク

△ 江國香織(えくに かおり) | P+D MAGAZINE TOPへ