本との偶然の出会いをWEB上でも

藤田宜永(ふじた よしなが)

プロフィール

1950年4月12日~2020年1月30日

 

 

小説家。

福井県福井市出身。早稲田大学第一文学部中退。その後渡仏し、パリでエール・フランス勤務などを経て7年間の滞在後、1980年に帰国した。1986年、『野望のラビリンス』で小説家デビュー。1995年、『鋼鉄の騎士』で第13回日本冒険小説協会大賞(黄金の鷲部門大賞)を受賞、同年、第48回日本推理作家協会賞(長編部門)も受賞した。同作は第8回山本周五郎賞の候補にもなった。1996年、『巴里からの遺言』で第14回日本冒険小説協会大賞(短編部門大賞)を受賞。同作は第114回直木賞候補に。パートナーである小池真理子がこの回の直木賞を受賞した。1997年、『樹下の想い』で第117回直木賞候補。1999年、『求愛』で第6回島清恋愛文学賞を受賞。2001年、『愛の領分』で第125回直木賞を受賞した。2017年、『大雪物語』で第51回吉川英治文学賞を受賞。他に『標的の向こう側』、『影の探偵』、『過去を殺せ』、『パリを掘り返せ』、『ダブル・スチール』など。享年69歳。日本推理作家協会会員。

代表作一覧

  • 51Ti1n62odL

    『鋼鉄の騎士』(1994年)

  • 51ARP99G6AL

    『巴里からの遺言』(1995年)

  • 41WzxpGrDYL

    『求愛』(1998年)

  • 41HTVNVR7HL

    『愛の領分』(2001年)

  • 71egbcfMOCL

    『大雪物語』(2016年)

受賞歴

第13回日本冒険小説協会大賞(黄金の鷲部門大賞)『鋼鉄の騎士』(1995年)

第48回日本推理作家協会賞(長編部門)『鋼鉄の騎士』(1995年)

第14回日本冒険小説協会大賞(短編部門大賞)『巴里からの遺言』(1996年)

第6回島清恋愛文学賞『求愛』(1999年)

第125回直木賞『愛の領分』(2001年)

第51回吉川英治文学賞『大雪物語』(2017年)

藤田宜永(ふじた よしなが)関連記事リンク

△ 藤田宜永(ふじた よしなが) | P+D MAGAZINE TOPへ