本との偶然の出会いをWEB上でも

林真理子(はやし まりこ)

プロフィール

1954年4月1日~

 

小説家、エッセイスト。

1954年4月1日、山梨県山梨市の書店の娘として生まれ、文学好きの母親の影響を受けて育つ。1976年日本大学芸術学部文芸学科卒業。大手出版社をはじめ30社以上の就職試験を受けるが、すべて不採用。このときの悔しさはのちにいくつかのエッセイに描かれる。

78年からコピーライター養成講座に参加、次々に優秀作を生み出し、広告制作会社に就職する。コピーライターとして活動の後、1982年に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。

さらに1986年には、『最終便に間に合えば』、『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。

代表作一覧

  • ルンルンを買っておうちに帰ろう書影

    『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(1982年)

  • 最終便に間に合えば書影

    『最終便に間に合えば』(1985年)

  • 不機嫌な果実書影

    『不機嫌な果実』(1996年)

  • 野心のすすめ書影

    『野心のすすめ』(2013年)

受賞歴

第94回直木賞 『最終便に間に合えば』、『京都まで』(1986年)

第8回柴田錬三郎賞 『白蓮れんれん』(1995年)

第32回吉川英治文学賞 『みんなの秘密』(1998年)

第20回島清恋愛文学賞 『アスクレピオスの愛人』(2013年)

林真理子(はやし まりこ)関連記事リンク

△ 林真理子(はやし まりこ) | P+D MAGAZINE TOPへ