本との偶然の出会いをWEB上でも

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう)

プロフィール

1975年6月22日~

 

小説家。

愛知県出身。1歳の時に父親と死別し、2歳からは母親の実家である福岡県北九州市で育つ。福岡県立東筑高等学校から、京都大学法学部へ進学。高校在学中から小説の執筆を始め、高校生の時に処女長編を完成させる。大学在学中の1998年、執筆に一年を費やした『日蝕』を「新潮」に投稿。新人としては異例の一挙掲載がされ、「三島由紀夫の再来」と称されるなど、華々しく小説家デビューを果たす。翌1999年『日蝕』で第120回芥川賞を当時史上最年少の23歳で受賞。(ただし、月数も考慮すると、平野は丸山健二より約6ヶ月年長。)同年、泉鏡花を思わせるような幻想譚『一月(いちげつ)物語』を発表。2002年『葬送』を刊行し、それまでの三作『日蝕』、『一月物語』『葬送』を合わせて「ロマンティック三部作」と称された。それ以降は一転し、15世紀や19世紀のパリを舞台とした作品から、現代を舞台にした短編小説の執筆に取り組む。2006年からは自身が提唱する「分人主義」の概念に基づき、2009年『ドーン』、2010年『かたちだけの愛』など長編を執筆している。2012年には、「分人主義」の考え方をまとめた新書『私とは何か―「個人」から「分人」へ』も刊行。

 

代表作一覧

  • 514P0V9WB8L

    『日蝕』(1998年)

  • 51CB94WWNQL

    『一月物語』(1999年)

  • 41FKufcdClL

    『葬送』(2002年)

  • 516A747FANL

    『滴り落ちる時計たちの波紋』(2004年)

  • 71viCQrnr5L

    『決壊』(2008年)

  • 41zjIU13wVL

    『ドーン』(2009年)

  • 61hByZvZzZL

    『マチネの終わりに』(2016年)

  • 51ZrSRFrQVL

    『ある男』(2018年)

受賞歴

第120回芥川賞 『日蝕』(1999年)

平成20年度芸術選奨文部科学大臣新人賞[文学部門] 『決壊』(2008年)

第19回Bunkamuraドゥマゴ文学賞 『ドーン』(2009年)

福岡県文化賞[創造部門](2011年)

第2回渡辺淳一文学賞 『マチネの終わりに』(2016年)

 

△ 平野 啓一郎(ひらの けいいちろう) | P+D MAGAZINE TOPへ