本との偶然の出会いをWEB上でも

保坂和志(ほさか かずし)

プロフィール

1956年10月15日~

 

小説家。

山梨県出身。鎌倉で育つ。早稲田大学政治経済学部卒業。在学中から小説の執筆活動を始める。1981年、大学を卒業し、西武コミュニティカレッジで、講座内容の企画を担当。1990年『プレーンソング』で小説家デビュー。処女作『プレーンソング』が第12回野間文芸新人賞候補作にノミネートされ、注目を集める。1993年『プレーンソング』の続編『草の上の朝食』で第15回野間文芸新人賞を受賞。同年、会社を退職し、専業作家に。1994年、『猫に時間の流れる』で第8回三島由紀夫賞の候補作にノミネート。落選したが、翌1995年には『この人の閾(いき)』で第113回芥川賞を受賞。1997年には『季節の記憶』で第25回平林たい子文学賞、第33回谷崎潤一郎賞を受賞。2013年に『未明の闘争』で第66回野間文芸賞を受賞。2018年『ハレルヤ』に収録されている『こことよそ』で第44回川端康成文学賞を受賞。小説だけでなく、エッセイ、評論や対談も執筆し幅広く活躍している。

代表作一覧

  • 51JKG19V2DL

    『草の上の朝食』(1993年)

  • 5195D8VD1VL

    『猫に時間の流れる』(1994年)

  • 512JEN05JPL

    『この人の閾』(1995年)

  • 51WSQT0SA6L

    『季節の記憶』(1996年)

  • 41N-tfmqQYL

    『未明の闘争』(2013年)

  • 61k3IVWrykL

    『ハレルヤ』(2018年)

受賞歴

第15回野間文芸新人賞 『草の上の朝食』(1993年)

第113回芥川賞 『この人の閾(いき)』(1995年)

第25回平林たい子文学賞[小説部門]『季節の記憶』(1997年)

第33回谷崎潤一郎賞 『季節の記憶』(1997年)

第66回野間文芸賞 『未明の闘争』(2013年)

第44回川端康成文学賞 『こことよそ』(2018年)

保坂和志(ほさか かずし)関連記事リンク

△ 保坂和志(ほさか かずし) | P+D MAGAZINE TOPへ