本との偶然の出会いをWEB上でも

井上ひさし(いのうえ ひさし)

プロフィール

1934年11月17日~2010年4月9日

 

小説家、劇作家、放送作家。本名/井上 廈(いのうえ ひさし)。

山形県川西町出身。5歳の時に父親と死別し、経済的困窮から弟と共にカトリック修道会の児童養護施設「光が丘天使園」に預けられる。1950年宮城県の仙台第一高等学校へ進学し、孤児院の神父の勧めで1953年上智大学文学部ドイツ文学科に入学するもドイツ語に興味が持てず2年間休学。休学後、医学部を志したこともあったが、上智大学外国語学部フランス語学科に復学。在学中から、浅草のストリップ劇場フランス座を中心に台本を書き始める。戯曲『うかうか三十、ちょろちょろ四十』が芸術祭脚本奨励賞を受賞。放送作家として活動しながら大学へ通い、1960年上智大学を卒業。1964年に山本護久と共に『ひょっこりひょうたん島』を手がける。同作は5年間放映され、国民的人気番組となる。1969年『ひょっこりひょうたん島』の声優でもあった熊倉一雄が主宰する劇団テアトル・エコーに、戯曲『日本人のへそ』を描きおろす。これをきっかけに本格的に戯曲の執筆を始め、小説・随筆などにも活動範囲を広げた。翌1970年『ブンとフン』で小説家デビューし、1972年江戸戯作者群像を描いた『手鎖心中』で直木賞受賞。1981年『吉里吉里人』で日本SF大賞、読売文学賞、星雲賞を受賞。1986年には『腹鼓記』で吉川英治文学賞受賞。以降、戯曲、小説、エッセイ、批評など幅広く活躍を続ける。筆名は、内山 廈(うちやま ひさし)、遅筆堂(ちひつどう)を名乗ることがあった。2010年4月9日に死去。享年75歳。

代表作一覧

  • 手鎖心中 書影1

    『手鎖心中』(1972年)

  • 吉里吉里人 書影1

    『吉里吉里人』(1981年)

  • 不忠臣蔵 書影1

    『不忠臣蔵』(1986年)

  • シャンハイムーン 書影1

    『シャンハイムーン』(1991年)

受賞歴

芸術祭賞[脚本奨励賞] 『うかうか三十・ちょろちょろ四十』(1958年)

第6回斎田喬戯曲賞 『十一ぴきのネコ』(1971年)

第17回岸田國士戯曲賞 『道元の冒険』(1971年)

第67回直木賞 『手鎖心中』(1972年)

第6回小説現代読者賞 『いとしのブリジット・ボルドー』(1975年)

第14回紀伊国屋演劇賞個人賞 『しみじみ日本・乃木大将』『小林一茶』《戯曲》(1979年)

第2回日本SF大賞 『吉里吉里人』(1981年)

第33回読売文学賞小説賞部門 『吉里吉里人』(1981年)

第13回星雲賞[日本長編部門] 『吉里吉里人』(1982年)

第20回吉川英治文学賞 『腹鼓記』『不忠臣蔵』(1986年)

第15回テアトロ演劇賞 『昭和庶民伝』(1988年)

第27回谷崎潤一郎賞 『シャンハイムーン』(1991年)

第47回菊池寛賞 (1999年)

第9回イーハトーブ賞 (1999年)

第71回朝日賞 “知的かつ民衆的な現代史を総合する創作活動” (2000年)

第3回織部賞 (2001年)

第44回毎日芸術賞 『太鼓たたいて笛ふいて』《戯曲》(2002年)

鶴屋南北戯曲賞 『太鼓たたいて笛ふいて』《戯曲》(2002年)

第6回文化功労者(2004年)

日本放送協会放送文化賞(2009年)

日本藝術院賞・恩賜賞[文芸]“戯曲を中心とする広い領域における長年の業績”(2009年)

△ 井上ひさし(いのうえ ひさし) | P+D MAGAZINE TOPへ