本との偶然の出会いをWEB上でも

石原慎太郎(いしはら しんたろう)

プロフィール

1932年9月30日~

 

政治家、小説家。

1932年9月30日 兵庫県神戸市に生まれ、1952年湘南高校卒業後、一ツ橋大学へ進学。1956年在学中に『太陽の季節』が第1回文学界新人賞と、第34回芥川賞を受賞し、文壇デビューする。若々しい情熱があふれる作品で、生々しい風俗描写、反倫理的な内容であることから賛否両論を巻き起こし、同作が映画化された際には、“太陽族”という流行語が生まれた。

その後『処刑の部屋』 、『聖餐』といった現代の世相に切り込み、過激な内容や文章が特徴の作品を多数発表。

1968年に参議院議員選に出馬して国会議員となる。

1970年に『化石の森』で芸術選奨文部大臣賞、1988年に『生還』で平林たい子文学賞を受賞。実弟・石原裕次郎を描いた1996年の『弟』は120万部を売り上げ、毎日出版文化賞特別賞を受賞。

代表作一覧

  • 太陽の季節

    『太陽の季節』(1955年)

  • 化石の森書影

    『化石の森』(1970年)

  • 弟書影

    『弟』(1996年)

  • 天才書影

    『天才』(2016年)

受賞歴

第1回文學界新人賞 『太陽の季節』(1955年)

第34回芥川龍之介賞

第31回文藝春秋読者賞 『日本について語ろう』(1969年)(小田実と共著)

第21回芸術選奨 『化石の森』(1971年)

第16回平林たい子文学賞 『生還』(1988年)

第50回毎日出版文化賞特別賞 『弟』(1996年)

第62回文藝春秋読者賞 『わが人生の時の人々』(2001年)

石原慎太郎(いしはら しんたろう)関連記事リンク

△ 石原慎太郎(いしはら しんたろう) | P+D MAGAZINE TOPへ