本との偶然の出会いをWEB上でも

絲山秋子(いとやま あきこ)

プロフィール

1966年11月22日~

 

小説家。

東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。その後メーカーに入社し、転勤を経験。1998年に、病のため休職し、入院。入院中に小説の執筆を始める。2001年に退職。2003年に処女作『イッツ・オンリー・トーク』で第96回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。さらに同作が第129回芥川賞の候補作にノミネートされ、注目を集める。翌2004年に『袋小路の男』で第30回川端康成文学賞を受賞。2005年には『海の仙人』で第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。このように多数の作品を発表し、その多くが権威ある文学賞を受賞または候補作にノミネートされる。2006年に『沖で待つ』で第134回芥川賞を受賞。その後ラジオパーソナリティーや法政大学客員教授、高崎経済大学非常勤講師などを経て、2015年に高崎経済大学の理事に就任。2016年に『薄情』で第52回谷崎潤一郎賞を受賞。

代表作一覧

  • 41X35Q111NL

    『イッツ・オンリー・トーク』(2004年)

  • 51S2VDS30RL

    『海の仙人』(2004年)

  • 41GSCCC04TL

    『袋小路の男』(2004年)

  • 51QQ509J1JL

    『沖で待つ』(2006年)

  • 512gZLiV-3L

    『薄情』(2015年)

受賞歴

第96回文學界新人賞 『イッツ・オンリー・トーク』(2003年)

第30回川端康成文学賞 『袋小路の男』(2004年)

第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞(文学部門) 『海の仙人』(2004年)

第134回芥川賞 『沖で待つ』(2005年)

第52回谷崎潤一郎賞 『薄情』(2016年)

絲山秋子(いとやま あきこ)関連記事リンク

△ 絲山秋子(いとやま あきこ) | P+D MAGAZINE TOPへ