本との偶然の出会いをWEB上でも

川端康成(かわばた やすなり)

プロフィール

1899年6月14日~1972年4月16日

 

小説家、文芸評論家、日本初のノーベル文学賞受賞作家。

大阪市天満此花町出身。幼くして両親と死別し、祖父母に引き取られる。中学2年生の時に小説家を志し、文筆活動を始める。1917年、第一高等学校に入学。1920年に卒業後、東京帝国大学英文学科へ進学するが、出席数不足で留年し翌年国文科へ転科。在学中の1921年に同人誌「新思潮」(第6次)を創刊し、そこに掲載した『ある婚約』が菊池寛に認められ、交流が始まる。1924年東京帝国大学国文学科を卒業。同年10月に横光利一らと共に同人誌「文藝時代」を創刊。この同人誌には、感覚的にとらえた現実を知的に構成していく西洋の前衛文学を取り入れた作風を持つ「新感覚派」と呼ばれた新進作家が集まった。その中でも川端は、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を付けられる。その後、死や流転の中に「日本の美」を表現した作品を数多く発表した。1968年に日本人初となるノーベル文学賞を受賞し、「美しい日本の私」という日本人の死生観や美意識を掘り下げた講演を行った。その3年後 1972年4月16日、仕事場でガス自殺をとげた。享年72歳。

代表作一覧

  • 伊豆の踊子 書影1

    『伊豆の踊子』(1926年)

  • 雪国 書影1

    『雪国』(1935年-1948年)

  • 千羽鶴 書影1

    『千羽鶴』(1949年)

  • 眠れる美女 書影1

    『眠れる美女』(1960年)

受賞歴

第3回文芸懇話会賞 『雪国』 (1936年)

第6回菊池寛賞 『故園』『夕日』その他 (1943年)

日本芸術院賞『千羽鶴』その他 (1952年)

第7回野間文芸賞 『山の音』 (1954年)

ゲーテ・メダル(1959年)

芸術文化勲章(1960年)

文化勲章(1961年)

第16回毎日出版文化賞『眠れる美女』 (1962年)

ノーベル文学賞(1968年)

正三位勲一等旭日大綬章(1972年追贈)

川端康成(かわばた やすなり)関連記事リンク

△ 川端康成(かわばた やすなり) | P+D MAGAZINE TOPへ