本との偶然の出会いをWEB上でも

川越宗一(かわごえ そういち)

プロフィール

1978年~(生誕日公表無し)

 

 

小説家。

大阪府大阪市出身。龍谷大学文学部史学科中退。バンド活動をしながらカラオケ店アルバイトを経て、カタログ通販会社に勤務。そのかたわら、2度目の応募で2018年、『天地に燦たり』で第25回松本清張賞を受賞、小説家としてデビュー。2019年、旅先の北海道で題材を得て、樺太アイヌを描いた2作目の『熱源』で第10回山田風太郎賞候補となる。また、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞。2020年、同作で第162回直木賞を受賞。同作は第22回大藪春彦賞の候補ともなったが、内規により直木賞受賞決定で候補作から除外となった。

代表作一覧

  • 『天地に燦たり』(2018年)

  • 『熱源』(2019年)

受賞歴

第25回松本清張賞『天地に燦たり』(2018年)

第162回直木賞『熱源』(2020年)

川越宗一(かわごえ そういち)関連記事リンク

△ 川越宗一(かわごえ そういち) | P+D MAGAZINE TOPへ