本との偶然の出会いをWEB上でも

窪美澄(くぼ みすみ)

プロフィール

1965年~

 

 

小説家。

東京都出身。主に女性の性や出産、不妊などをテーマに作品を書き続けている。2009年、「ミクマリ」で第8回女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞して小説家デビュー。2010年、『ふがいない僕は空を見た』で第32回野間文芸新人賞候補となり、2011年、同作で山本周五郎賞を受賞。

この作品は、永山絢斗・田畑智子主演で映画化された。2012年、『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞を受賞、同作は第29回織田作之助賞の候補となった。2018年、『じっと手を見る』で第159回、2019年、『トリニティ』で第161回直木賞候補に。同年『トリニティ』で第36回織田作之助賞を受賞。最新刊は『たおやかに輪をえがいて』。

代表作一覧

  • 『ふがいない僕は空を見た』(2010年)

  • 『晴天の迷いクジラ』(2012年)

  • 『よるのふくらみ』(2014年)

  • 『じっと手を見る』(2018年)

  • 『トリニティ』(2019年)

受賞歴

第8回女による女のためのR-18文学賞「ミクマリ」(2009年)

第24回山本周五郎賞『ふがいない僕は空を見た』(2011年)

第3回山田風太郎賞『晴天の迷いクジラ』(2012年)

第36回織田作之助賞『トリニティ』(2019年)

△ 窪美澄(くぼ みすみ) | P+D MAGAZINE TOPへ