本との偶然の出会いをWEB上でも

久坂部羊(くさかべ よう)

プロフィール

1955年7月3日~

 

小説家、推理作家、医師。本名 久家義之(くげ よしゆき)。

大阪府堺市出身。大阪府立三国丘高校を経て大阪大学医学部を卒業。同学部附属病院の外科、麻酔科を研修後、大阪府立成人病センターの麻酔科、神戸掖済会病院の一般外科にて勤務。1988年に外務省に入省、サウジアラビア、オーストラリア、パプアニューギニアの在外公館で一等書記官兼医務官として勤務し、帰国後在宅医療に携わる。20代から同人誌「VIKING」の活動に参加し、2003年に『廃用身』で小説家デビュー。以後、それまでの経歴から培われた医療知識や現場での体験などを基に、医療の現実を抉り出す小説や医療系の新書などの作品を発表していく。第2作『破裂』は現代の『白い巨塔』と評され、第3作『無痛』と共に2015年にテレビドラマ化され話題を呼んだ。本名の久家義之名義でも活動しており、本名では主に外務省医務官時代や在宅医療に従事していた時のエッセイを刊行している。2014年『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。2015年『移植屋さん』で上方落語協会第8回上方落語台本募集の優秀賞を受賞。2015年からは健診センターで非常勤医師として勤務するかたわら、大阪人間科学大学で講師を務める。

代表作一覧

  • 久坂部羊_廃用身1

    『廃用身』(2003年)

  • 久坂部羊_無痛1

    『無痛』(2006年)

  • 久坂部羊_日本人の死に時 そんなに長生きしたいですか1

    『日本人の死に時 そんなに長生きしたいですか』(2007年)

  • 久坂部羊_悪医1

    『悪医』(2013年)

受賞歴

第3回日本医療小説大賞 『悪医』(2014年)

上方落語協会第8回上方落語台本募集優秀賞 『移植屋さん』(2015年)

久坂部羊(くさかべ よう)関連記事リンク

△ 久坂部羊(くさかべ よう) | P+D MAGAZINE TOPへ