本との偶然の出会いをWEB上でも

道尾秀介(みちお しゅうすけ)

プロフィール

1975年5月19日~

 

 

小説家、推理作家。

東京都出身。玉川大学卒。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し小説家デビュー。2006年「流れ星のつくり方」(『花と流れ星』所収)が第59回日本推理作家協会賞短編部門の候補になった。2007年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。2008年『ラットマン』で第21回山本周五郎賞候補になった。2009年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞を受賞。同作は第140回直木賞候補にもなった。さらに『鬼の跫音』で第22回山本周五郎賞および第141回直木賞候補。2010年には『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞を受賞。『光媒の花』は第143回直木賞候補にもなったが、翌2011年『月と蟹』で第144回同賞を受賞した。他に『向日葵の咲かない夏』『球体の蛇』『透明カメレオン』などがある。日本推理作家協会会員。本格ミステリ作家クラブ会員。

代表作一覧

  • 『背の眼』(2005年)

  • 『シャドウ』(2006年)

  • 『カラスの親指』(2008年)

  • 『龍神の雨』(2009年)

  • 『光媒の花』(2010年)

  • 『月と蟹』(2010年)

受賞歴

第5回ホラーサスペンス大賞特別賞『背の眼』(2004年)

第7回本格ミステリ大賞小説部門『シャドウ』(2007年)

第62回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門『カラスの親指』(2009年)

第12回大藪春彦賞『龍神の雨』(2010年)

第23回山本周五郎賞『光媒の花』(2010年)

第144回直木賞『月と蟹』(2011年)

道尾秀介(みちお しゅうすけ)関連記事リンク

△ 道尾秀介(みちお しゅうすけ) | P+D MAGAZINE TOPへ