本との偶然の出会いをWEB上でも

村上龍(むらかみ りゅう)

プロフィール

1952年2月19日~

小説家、映画監督、脚本家。本名/村上 竜之助(むらかみ りゅうのすけ)

長崎県佐世保市出身。1967年長崎県立佐世保北高等学校に入学。在学中に高校の屋上を仲間と共にバリケード封鎖し、無期限謹慎処分となる。3か月に及んだ謹慎期間中にヒッピー文化と出会い、大きな影響を受けた。1971年佐世保北高校を卒業後、文化会館を借りてロックフェスティバルを開催、8ミリフィルム映画の制作や劇団の設立などの活動を行っていた。1972年武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン科に入学。1976年、基地の町で薬物やセックスに溺れる若者風俗を描いた『限りなく透明に近いブルー』で第19回群像新人文学賞、ならびに第11回新風賞、さらに同年の第74回芥川賞を受賞。衝撃的なデビューを飾る。

その後、学生結婚し大学を中退、本格的な作家活動を始める。1980年コインロッカーに遺棄された2人の孤児の破壊衝動を描いた『コインロッカー・ベイビーズ』が第3回野間文芸新人賞を受賞。以降、小説、エッセイ、対談集など、幅広い分野にわたり話題作を発表し続けている。

代表作一覧

  • 『限りなく透明に近いブルー』(1976年)

  • 『コインロッカー・ベイビーズ』(1980年)

  • 『愛と幻想のファシズム』(1987年)

  • 『イン ザ・ミソスープ』(1997年)

受賞歴

第19回群像新人文学賞 『限りなく透明に近いブルー』(1976年)

第75回芥川賞 『限りなく透明に近いブルー』(1976年)

第11回新風賞 『限りなく透明に近いブルー』(1976年)

第3回野間文芸新人賞 『コインロッカー・ベイビーズ』(1981年)

第24回平林たい子文学賞 『村上龍映画短編集』

第49回読売文学賞 『イン ザ・ミソスープ』(1997年)

第36回谷崎潤一郎賞 『共生虫』(2000年)

△ 村上龍(むらかみ りゅう) | P+D MAGAZINE TOPへ