本との偶然の出会いをWEB上でも

なかにし 礼(なかにし れい)

プロフィール

1938年9月2日~

 

小説家、作詞家。本名 中西 禮三(なかにし れいぞう)。

満州国(現中国)出身。終戦後、満州からの引き揚げの際に家族と共に幾度となく命の危機を体験したことが、のちの活動に大きな影響を与えた。その後、東京都立九段高等学校に進学、卒業後は1年浪人して立教大学文学部英文学科に入学。中退しアルバイトをしながらフランス語を学び、シャンソンの訳詞を始める。1961年立教大学文学部仏文科へ再入学、1965年同学を卒業。すでに大スターであった石原裕次郎と出会い、日本語の歌詞を書くことを勧められ、作詞作曲した作品『涙と雨にぬれて』を石原プロに持ち込み、プロデュースされると大ヒット。以降、『石狩挽歌』、『時には娼婦のように』など多くのヒット曲を生み出す作詞家となった。またゴールデンアロー賞や日本作詞大賞などを多数受賞し作詞家としての地位を確かなものとした。さらにクラシック界へと活動の場を広げ、オペラ『ワカヒメ』、オラトリオ『ヤマトタケル』、世界劇『眠り王』など様々な作品を手がけた。1998年、実兄を描いた小説『兄弟』で小説家デビューし、第119回直木賞候補となり、2000年には『長崎ぶらぶら節』で第122回直木賞を受賞。NHK連続テレビ小説「てるてる家族」の原作となった『てるてる坊主の照子さん』を始め『赤い月』『夜盗』などを発表。

 

代表作一覧

  • 51TZ43CHDPL

    『兄弟』(1998年)

  • 516MCTFTN2L

    『長崎ぶらぶら節』(1999年)

  • 518A2C6NDNL

    『赤い月』(2001年)

  • 51MFH76FWDL

    『てるてる坊主の照子さん』(2002年)

  • 91YocvMDnDL

    『夜の歌』(2016年)

受賞歴

第122回直木賞 『長崎ぶらぶら節』(1999年)

なかにし 礼(なかにし れい)関連記事リンク

△ なかにし 礼(なかにし れい) | P+D MAGAZINE TOPへ