本との偶然の出会いをWEB上でも

奥田英朗(おくだ ひでお)

プロフィール

1959年10月23日~

 

小説家。

岐阜県岐阜市出身。岐阜県立岐山高等学校を卒業後、プランナー、コピーライター、構成作家を経て、出版社への持ち込みから1997年『ウランバーナの森』で作家デビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞、2004年『空中ブランコ』で第131回直木賞を受賞。2009年には『オリンピックの身代金』で第43回吉川英治文学賞を受賞。数々の作品を発表し映画、テレビドラマなど多くの作品が映像化され、『延長戦に入りました』、『野球の国』、『泳いで帰れ』、『港町食堂』などのエッセイでも人気を博している。

代表作一覧

  • 『イン・ザ・プール』(2002年)

  • 『空中ブランコ』(2004年)

  • 『オリンピックの身代金』(2008年)

  • 『ナオミとカナコ』(2014年)

受賞歴

第4回大藪春彦賞 『邪魔』(2002年)

第131回直木三十五賞 『空中ブランコ』(2004年)

第20回柴田錬三郎賞 『家日和』(2007年)

第43回吉川英治文学賞 『オリンピックの身代金』(2009年)

 

△ 奥田英朗(おくだ ひでお) | P+D MAGAZINE TOPへ