本との偶然の出会いをWEB上でも

佐藤愛子(さとう あいこ)

プロフィール

1923年11月5日~

 

小説家。

大阪府大阪市出身。小説家・佐藤紅緑と女優・三笠万里子の次女として生まれ、兵庫県で育つ。1941年神戸の甲南高等女学校を卒業。1949年母の勧めで書いた小説を父に見せ、「面白い」と言われたことから小説家を志す。1950年同人雑誌「文藝首都」に参加し、処女作『青い果実』を発表。文芸首都賞を受賞する。1962年初の著作である『愛子』を刊行。その内容は、1969年、夫の借金を一部肩代わりし債権者に追われ、原稿料が会社の債務返済に消えていく日々を送り、その果てに偽装離婚するというもの。自身の約1年に及ぶ波乱万丈な人生体験を書いた『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞受賞。1979年『幸福の絵』で第18回女流文学賞を受賞。また、佐藤家の人々の壮絶な生き方を描いた大河小説『血脈』を10数年かけて執筆、話題になる。2000年第48回菊池寛賞を受賞。2015年91歳で作家人生最後の作品と位置付けた長編小説『晩鐘』を発表、第25回紫式部文学賞受賞。2017年紫綬褒章を授章。

2016年エッセイ『九十歳。何がめでたい』が125万部の大ベストセラーとなり、で第1回日本ど真ん中書店大賞も受賞。

代表作一覧

  • 『その時がきた』(1971年)

  • 『血脈』(2001年)

  • 『晩鐘』(2014年)

  • 『九十歳。何がめでたい』(2016年)

受賞歴

文藝首都賞 『青い果実』(1950年) 第61回直木賞 『戦いすんで日が暮れて』(1969年)

第18回女流文学賞『幸福の絵』(1979年)

第8回日本文芸大賞『こんなふうに死にたい』(1988年)

第48回菊池寛賞(2000年)

第25回紫式部文学賞『晩鐘』(2015年)

第1回日本ど真ん中書店大賞『九十歳。何がめでたい』(2017年)

佐藤愛子(さとう あいこ)関連記事リンク

△ 佐藤愛子(さとう あいこ) | P+D MAGAZINE TOPへ