本との偶然の出会いをWEB上でも

瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)

プロフィール

1922年5月15日~

 

小説家、天台宗の尼僧。俗名 晴美(はるみ)。僧位は権大僧正、元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。1997年文化功労者、2006年文化勲章 受章。

1922年5月15日、徳島県徳島市中州町の仏壇店に次女として生まれる。徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)を卒業し、東京女子大学国語専攻部に進学。

東京女子大学在学中の1943年に21歳で見合い結婚し翌年に女の子を出産、その後、夫の任地北京に同行。1946年に帰国し、夫の教え子と不倫。夫と3歳の長女を残し、家を出て京都で生活する。1950年に正式な離婚をしてから(長女とは後年出家後に和解したという)、東京へ行き本格的に小説家を志す。「三谷晴美」のペンネームで少女小説を投稿し「少女世界」誌に掲載され、「三谷佐知子」のペンネームで『ひまわり』誌の懸賞小説に入選。複数の出版社で、少女小説や童話を書く。1956年、処女作「痛い靴」を「文学者」に発表、同年「女子大生・曲愛玲(チュイアイリン)」で新潮同人雑誌賞を受賞。1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。

1973年11月14日51歳の時に今春聴(今東光)大僧正を師僧として平泉中尊寺にて天台宗で得度、法名を寂聴とする。1988年以降は、『源氏物語』に関連する著作が多い。

代表作一覧

  • 『花芯』(1958年)

  • 『夏の終り』(1963年)

  • 『花に問え』(1992年)

  • 『場所』(2001年)

受賞歴

第3回新潮同人雑誌賞 『女子大生・曲愛玲(チュイアイリン)』(1956年)

第1回田村俊子賞 『田村俊子』(1961年)

第2回女流文学賞 『夏の終り』 (1963年)

第28回谷崎潤一郎賞 『花に問え』(1992年)

芸術選奨 『白道』(1996年)

第54回野間文芸賞 『場所』(2001年)

文化勲章 (2006年)

第39回泉鏡花文学賞 『風景』(2011年)

朝日賞 (2018年)

△ 瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう) | P+D MAGAZINE TOPへ