本との偶然の出会いをWEB上でも

曽野綾子(その あやこ)

プロフィール

1931年9月17日~

 

小説家。本名/三浦 知壽子(みうら ちずこ)。

東京都葛飾区出身。幼稚園から聖心女子学院に通い、聖心女子大学卒業。戦時中は金沢に疎開、1946年東京に戻り聖心女子学院に復学。

1951年5月、中河与一主宰の同人誌「ラマンチャ」に載った『裾野』が臼井吉見の目にとまり、臼井の紹介でのちの夫・三浦朱門らの第十五次「新思潮」に加わる。山川方夫の紹介で「三田文学」に書いた『遠来の客たち』が芥川賞候補となり23歳で文壇デビュー。以後、次々に重厚な問題作を発表していく。近年は評論が数多く出版され、ほとんどがベストセラーとなっている。1979年ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章、2003年に文化功労者。1995年から2005年まで日本財団会長を務めた。

代表作一覧

  • 遠来の客たち 書影1

    『遠来の客たち』(1954年)

  • 神の汚れた手 書影1

    『神の汚れた手』(1980年)

  • 天井の青 書影1

    『天上の青』(1990年)

  • 人間にとって成熟とは何か 書影1_

    『人間にとって成熟とは何か』(2013年)

受賞歴

ヴァチカン有功十字勲章(1979年)

第19回女流文学賞 辞退『神の汚れた手』(1980年)

土木学会著作賞 『湖水誕生』(1987年)

第3回正論大賞(1988年)

第49回日本芸術院賞・恩賜賞(1993年)

第46回日本放送協会放送文化賞(1995年)

第4回読売国際協力賞(1997年)

文化功労者 (2003年)

第60回菊池寛賞(2012年)

△ 曽野綾子(その あやこ) | P+D MAGAZINE TOPへ