本との偶然の出会いをWEB上でも

つかこうへい(つか こうへい)

プロフィール

1948年4月24日~2010年7月10日

 

小説家、劇作家、演出家。

韓国名 金 峰雄(きむ ぼんうん、本名 金原 峰雄(かねはら みねお)。

福岡県嘉麻市出身。福岡県立山田高等学校を卒業後、慶應義塾大学文学部フランス哲学科に進学、中退。大学在学中の予備校講師のアルバイトをしていた時に、生徒から芝居の戯曲制作の依頼を受けたことがきっかけとなり、演劇に魅せられる。

在学中からアングラ演劇の劇作家、演出家として活動を始め、1970年~1980年初めにかけて若者の熱狂的な支持を得て一大“つかブーム”を巻き起こし、多くの人気俳優を輩出した。1974年劇団「つかこうへい事務所」を設立。プロデュース公演において精力的に活動し、作品は小説、演劇のみならず、多くの映画原作ともなっている。

1974年戯曲『熱海殺人事件』で岸田國士戯曲賞を当時最年少の25才で受賞。1982年には『蒲田行進曲』で第86回直木賞を受賞。

1982年劇団「つかこうへい事務所」を解散し、一時、執筆活動に専念。1987年韓国で『熱海殺人事件』を上演、さらに『蒲田行進曲』の舞台演出をし、韓国映画界を代表する映画監督となり、韓国演劇・映画界に多大な影響を及ぼした。日本国内においても日本を代表する演出家であり脚本家として名を連ね、また演出家として多くの俳優、女優の新境地開拓や育成に精力的に取り組んでいた。2010年肺がんを患い治療に専念するも死去。享年62歳。

代表作一覧

  • 『熱海殺人事件』小説(1975年)

  • 『初級革命講座 飛龍伝』(1977年)

  • 『蒲田行進曲』小説(1981年)

  • 『リング・リング・リング』脚本(1993年)

受賞歴

岸田國士戯曲賞 『熱海殺人事件』(1974年)

第14回ゴールデン・アロー賞 演劇賞 舞台『ストリッパー物語』『熱海殺人事件』(1976年)

第15回紀伊国屋演劇賞 団体賞 舞台『弟よ!』『いつも心に太陽を』『蒲田行進曲』(1980年)

第86回直木三十五賞 『蒲田行進曲』(1982年)

第6回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞 『蒲田行進曲』(1983年)

第42回読売文学賞 戯曲『飛龍伝’90 殺戮の秋』(1990年)

紫綬褒章(2007年)

旭日小綬章(追贈)(2010年7月10日)

△ つかこうへい(つか こうへい) | P+D MAGAZINE TOPへ