本との偶然の出会いをWEB上でも

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち)

プロフィール

1933年10月24日〜2014年4月30日

 

小説家。

北海道空知郡上砂川町出身。1958年札幌医科大学医学部を卒業し1964年同校の大学助手、1966年には同校の整形外科教室講師を務めた。医業と並行して、小説を北海道の同人誌に発表し続け、1965年、母の死を題材にした『死化粧』よって第12回新潮社同人雑誌賞を受賞、文壇デビュー。1969年、同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(のちに『白い宴』と改題)を発表し大学を退職。1970年、37歳の時に総理大臣に就任していた寺内正毅をモデルとした『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動に入る。1980年には、野口英世の人生を描いた『遠き落日』と『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞を受賞。初期は医療をテーマとした社会派的な作品が多い。伝記は時期を問わず書き続けている他、歴史、医療から恋愛論、身辺雑記にいたるまで、幅広いテーマでエッセイも多く手がけている。中でも、1986年『化身』、1997年『失楽園』、2006年『愛の流刑地』の日本経済新聞朝刊で連載された三作は爆発的なヒットとなり、時代を問わず映像化され人気を博した。2003年には紫綬褒章と第51回菊池寛賞を受賞。2007年にはエッセイ集「鈍感力」を発表、同書は同年夏までに100万部を売り上げるベストセラーとなり、その年の流行語大賞トップテンに入賞した。2014年4月30日、前立腺癌のため東京都内の自宅で死去。享年80歳。

2015年、集英社が作家の名を冠した文学賞「渡辺淳一文学賞」を創設。

代表作一覧

  • 81p7zStGsLL

    『光と影』(1970年)

  • 91qmFt4AarL

    『遠き落日』(1979年)

  • 6172xf9n+VL

    『ひとひらの雪』(1983年)

  • 616tr+QYFpL

    『化身』(1984年)

  • 51wvbKI8WUL

    『別れぬ理由』(1987年)

  • 51P5DF8X1DL

    『失楽園』(1997年)

  • 71NvTZeEZDL

    『愛の流刑地』(2006年)

  • 61m53-yA4yL

    『鈍感力』エッセイ(2007年)

  • 61uji-++t5L

    『天上紅蓮』(2010年)

受賞歴

第12回新潮社同人雑誌賞 『死化粧』(1965年)

第63回直木賞 『光と影』(1970年)

第14回吉川英治文学賞 『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』(1980年)

第48回文藝春秋読者賞 『静寂の声 乃木希典夫人の生涯』(1986年)

第32回新風賞 『失楽園』(1997年)

第72回文藝春秋読者賞 『天上紅蓮』(2010年)

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち)関連記事リンク

△ 渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち) | P+D MAGAZINE TOPへ