本との偶然の出会いをWEB上でも

綿矢りさ(わたや りさ)

プロフィール

1984年2月1日~

 

小説家。本名/山田 梨沙(やまだ りさ)。

京都府京都市出身。2001年京都市立紫野高等学校在学中の高校3年生の時に『インストール』で第38回文藝賞を受賞。受賞当は17歳で、1981年以来20年ぶりの最年少タイ記録として話題となった。同作で第15回三島由紀夫賞候補にも選出される。2002年早稲田大学教育学部国語国文学科へ入学。在学中の2003年に『蹴りたい背中』で第25回野間文学新人賞候補に選ばれ、翌年2003年の第130回芥川賞を受賞。19歳での芥川賞受賞となり、それまでの最年少記録を大幅に更新した。2006年に早稲田大学を卒業。以降、京都で専業作家として執筆活動を始める。2012年に『かわいそうだね?』が第6回大江健三郎賞を受賞。同年、京都市芸術新人賞を受賞。

代表作一覧

  • インストール 書影1

    『インストール』(2001年)

  • 蹴りたい背中 書影1

    『蹴りたい背中』(2003年)

  • 勝手にふるえてろ 書影1

    『勝手にふるえてろ』(2010年)

  • かわいそうだね? 書影1

    『かわいそうだね?』(2011年)

受賞歴

第38回文藝賞 『インストール』 (2001年)

第130回芥川賞 『蹴りたい背中』 (2003年)

大江健三郎賞 『かわいそうだね?』 (2012年)

綿矢りさ(わたや りさ)関連記事リンク

△ 綿矢りさ(わたや りさ) | P+D MAGAZINE TOPへ