本との偶然の出会いをWEB上でも

山崎豊子(やまざき とよこ)

プロフィール

小説家。本名/杉本 豊子(すぎもと とよこ)。

大阪・船場出身。相愛中学校・高等学校を経て京都女子大学へ進学。1944年大学を卒業後、毎日新聞社に入社、1945年学芸部に配属され、井上靖のもとで記者としての訓練を受ける。勤務の傍ら小説の執筆活動を始め、1957年に生家の昆布店をモデルにした『暖簾』を刊行し、作家デビュー。出版後、すぐに映画・ドラマ化され人気を博した。翌1958年、吉本興業の創業者をモデルとした大阪人の知恵と才覚を描いた『花のれん』で、第39回直木賞受賞。その後、新聞社を退社し、小説家としての活動に専念する。初期の作品は、1959年の『ぼんち』、1961年『女の勲章』のほか、船場など大阪の風俗に根ざした小説が多い。また、医学界の権力闘争や医療過誤を描き、幾度も映像化された『白い巨塔』は、世間の圧倒的な注目を集めた。1973年政治と資本の癒着に迫る『華麗なる一族』、1976年シベリア抑留がテーマの『不毛地帯』、1991年中国残留孤児の人生を描いた『大地の子』、1999年航空会社を舞台に日本型企業の労使問題を扱った『沈まぬ太陽』など話題作を次々と発表した。1991年、『大地の子』で、第39回菊池寛賞受賞。1993年『大地の子』などの印税を基に「山崎豊子文化財団」を設立し、日本に帰国した中国残留孤児の子供の学資を援助した。2013年8月より新作「約束の海」の連載を開始していたが、第1部を書き上げた後に体調不良となり堺市内の病院に緊急入院し、2013年9月29日に呼吸不全のため死去。享年89歳。

代表作一覧

  • 『白い巨塔』(1969年)

  • 『華麗なる一族』(1973年)

  • 『不毛地帯』(1978年)

  • 『大地の子』(1990年)

受賞歴

第39回直木賞 『花のれん』(1958年)

第52回文藝春秋読者賞、第39回菊池寛賞『大地の子』(1990年)

第63回毎日出版文化賞特別賞『運命の人』(2009年)

△ 山崎豊子(やまざき とよこ) | P+D MAGAZINE TOPへ