本との偶然の出会いをWEB上でも

横山秀夫(よこやま ひでお)

プロフィール

1957年1月17日~

 

小説家、推理作家、漫画原作者。

東京都生まれ。都立向丘高等学校を卒業後、国際商科大学(現在の東京国際大学)へ進学。1979年同学を卒業後、群馬県の県域地方新聞、上毛新聞社に入社し、以後12年間記者として勤務。1991年『ルパンの消息』が、第9回サントリーミステリー大賞佳作を受賞したことをきっかけに同社を退社。以後、フリーランスライターとして「週刊少年マガジン」にて漫画原作や児童書の執筆、警備のアルバイトなどをする。1998年に『陰の季節』で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。2002年『半落ち』が第128回直木賞候補となる。2012年、7年ぶりに刊行した『64(ロクヨン)』がベストセラーとなる。

代表作一覧

  • 『陰の季節』(1998年)

  • 『半落ち』(2002年)

  • 『第三の時効』(2003年)

  • 『クライマーズ・ハイ』(2003年)

受賞歴

第9回サントリーミステリー大賞佳作『ルパンの消息』 (1991年)

第5回松本清張賞受賞 『陰の季節』(1998年)

第120回直木賞候補 『陰の季節』(1998年)

日本推理作家協会賞(短編部門) 『動機』(2000年)

本屋大賞第2位『クライマーズ・ハイ』(2003年)

第128回直木賞候補『半落ち』

横山秀夫(よこやま ひでお)関連記事リンク

△ 横山秀夫(よこやま ひでお) | P+D MAGAZINE TOPへ