本との偶然の出会いをWEB上でも

吉行淳之介(よしゆき じゅんのすけ)

プロフィール

1924年4月13日~1994年7月26日

 

小説家、エッセイスト、放送作家。

岡山県岡山市出身。新興芸術派の作家吉行エイスケと美容家あぐりの長男として生まれる。詩人・芥川賞作家の吉行理恵、女優の吉行和子は妹。1945年に東京帝国大学英文科に入学。『世代』『新思潮』などの同人雑誌に作品を発表。1951年から『原色の町』、『谷間』、『ある脱出』と芥川賞の候補に上がる。『谷間』発表後、結核が見つかり、療養のため入退院を繰り返す。その間、生計をたてるためにラジオ原稿を書くかたわらで執筆を続け、療養中の1954年に『驟雨・その他』で第31回芥川賞を受賞。その後、専業作家としての本格的な執筆活動に入った。同世代の作家である遠藤周作、安岡章太郎、三浦朱門、近藤啓太郎らと共に「第三の新人」と呼ばれた。

芥川賞受賞後も旺盛な執筆活動を続け、1965年には『不意の出来事』で第12回新潮社文学賞を受賞する。以降、多数の作品を発表し、様々な文学賞に輝く。1979年、作家としての業績が認められ、日本藝院賞を受賞し、1981年には日本藝術院会員となる。「性」をテーマとして精神と肉体の繋がりを掘り下げることで、人間の本質を考えさせる私小説的な純文学または芸術的傾向の作品が多く、『砂の上の植物群』、『暗室』、『夕暮まで』などがある。さらに『すれすれ』、『にせドンファン』などの大衆文学や『軽薄のすすめ』といった軽妙な作風のものから、洗練された『人工水晶体』などのエッセイも多数手掛けた。長年にわたり週刊誌で対談コーナーを連載しており「座談の名手」としても知られ、多くの対談集が上梓されている。1994年死去。享年70。

代表作一覧

  • 82f63145e9311cbd81c4534049b0c6748fe6de18_l

    『驟雨』(1954年)

  • 612vTF5mz3L._SX353_BO1,204,203,200_

    『砂の上の植物群』(1964年)

  • i-img892x1200-1528330855mbe85e435123

    『星と月は天の穴』(1967年)

  • 41cyGu503QL

    『暗室』(1970年)

  • 9784061960817_w

    『鞄の中身』(1974年)

  • 41J8wff40jL._SX349_BO1,204,203,200_

    『夕暮まで』(1978年)

  • 51ewamp8ksL._AC_SY400_

    『人工水晶体』(1985年)

受賞歴

第31回芥川賞 『驟雨・その他』(1954年)

第12回新潮社文学賞 『不意の出来事』(1965年)

第17回芸術推奨文部大臣賞[文学部門] 『星と月は天の穴』(1966年)

第6回谷崎潤一郎賞 『暗室』(1970年)

第27回読売文学賞[小説賞] 『鞄の中身』(1975年)

第31回野間文芸賞 『夕暮まで』(1978年)

第35回日本藝術院賞[文芸](1978年)

第2回講談社エッセイ賞 『人工水晶体』(1986年)

吉行淳之介(よしゆき じゅんのすけ)関連記事リンク

△ 吉行淳之介(よしゆき じゅんのすけ) | P+D MAGAZINE TOPへ