本との偶然の出会いをWEB上でも

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)
最新ニュース

受賞歴一覧

第160回(2018年 下半期) 上田岳広(うえだ たかひろ)『ニムロッド』、町屋良平『1R1分34秒』

第159回(2018年 上半期) 高橋弘希(たかはし ひろき) 『送り火』

第158回(2017年 下半期) 石井遊佳(いしい ゆうか) 『百年泥』

第158回(2017年 下半期) 若竹千佐子(わかたけ ちさこ) 『おらおらでひとりいぐも』

第157回(2017年 上半期) 沼田真佑(ぬまた しんすけ) 『影裏(えいり)』

第156回(2016年 下半期) 山下澄人(やました すみと) 『しんせかい』

第155回(2016年上半期) 村田沙耶香(むらた さやか) 『コンビニ人間』

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)について

通称 芥川賞(あくたがわしょう)
純文学の新人作家に与えられる文学賞。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われる。
1934年に「文学界」の編集者であった川崎竹一が、文藝春秋社の「文藝通信」でフランスの文学賞ゴンクール賞やノーベル賞などの海外の文学賞を紹介した。その際に、日本でも権威のある文学賞を設立するべきだとした文章を、文藝春秋の創業者・菊池寛が読んだことがきっかけとなり、友人である芥川龍之介の業績を記念し、1935年に直木賞と同時に制定した。公募方式ではなく雑誌(同人雑誌を含む)に発表された、新進作家による純文学の中・短編作品のなかから、最も優秀な作品に贈られる。正賞は懐中時計、副賞は100万円。授賞は年2回で、上半期(前年12月から5月までに発表されたもの)の選考会は7月中旬に行われ、受賞作は「文藝春秋」9月号に全文が掲載される。下半期(6月から11月までに発表されたもの)の選考会は翌年1月中旬に行われ、「文藝春秋」3月号に全文が掲載される。現在の選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・髙樹のぶ子・堀江敏幸・宮本輝・山田詠美・吉田修一の9名。

最新受賞者プロフィール

第160回芥川龍之介賞
上田 岳弘(うえだ たかひろ)
1979年~
兵庫県明石市出身。早稲田大学法学部卒業。
2013年、『太陽』で第45回新潮新人賞を受賞しデビュー。
『私の恋人』で第28回三島由紀夫賞受賞。
2016年、国際文芸誌「Granta」日本語版にて「Best of Young Japanese Novelists 2016」に選出される。
2017年、小説『キュー』を、雑誌「新潮」とYahoo! JAPANスマートフォン向けサイトで同時連載開始。
2018年、『塔と重力』が第68回芸術選奨新人賞受賞。
2019年、『ニムロッド』で第160回芥川賞を受賞。

町屋 良平(まちや りょうへい)
1983年~
東京都出身。
『青が破れる』で第53回文藝賞を受賞してデビュー。同作で第30回三島由紀夫賞候補。2018年、『しき』で第159回芥川龍之介賞候補、第40回野間文芸新人賞候補。2019年、『1R 1分34秒』で第160回芥川龍之介賞を受賞。
△ 芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう) | P+D MAGAZINE TOPへ