本との偶然の出会いをWEB上でも

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)
最新ニュース

受賞歴一覧

第159回(2018年 上半期)島本理生(しまもと りお) 『ファーストラヴ』

第158回(2017年 下半期)門井慶喜(かどい よしのぶ) 『銀河鉄道の父』

第157回(2017年 上半期)佐藤正午(さとう しょうご) 『月の満ち欠け』

第156回(2016年 下半期)恩田陸(おんだ りく) 『蜜蜂と遠雷』

第155回(2016年 上半期)荻原浩(おぎわら ひろし)『海の見える理髪店』

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)について

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)

通称 直木賞(なおきしょう)

無名・新人及び中堅作家による大衆小説に与えられる文学賞。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われる。1934年に「文学界」の編集者であった川崎竹一が、文芸春秋社の「文藝通信」でフランスの文学賞ゴンクール賞やノーベル賞などの海外の文学賞を紹介した。その際に日本でも権威のある文学賞を設立するべきだとした文章を、文藝春秋の創業者・菊池寛が読んだことがきっかけとなり、友人である直木三十五の名を記念し、芥川賞と同時に1935年に制定した。公募方式ではなく、新進・中堅作家によるエンターテインメント作品(大衆小説)の単行本(長編小説もしくは短編集)の中から、最も優秀な作品に贈られる賞。正賞は懐中時計、副賞は100万円。授賞は年2回で、上半期(前年12月から5月までに発表されたもの)の選考会は7月中旬に行われ、受賞作は「オール讀物」9月号に一部掲載される。下半期(6月から11月までに発表されたもの)の選考会は翌年1月中旬に行われ、「オール讀物」3月号に一部掲載される。現在の選考委員は浅田次郎・伊集院静・北方謙三・桐野夏生・髙村薫・林真理子・東野圭吾・宮城谷昌光・宮部みゆきの9名。

最新受賞者プロフィール

第159回直木三十五賞
『ファーストラヴ』(島本理生 著/文芸春秋)
島本理生(しまもと りお)
1983年5月18日~
東京都板橋区出身。小学生のころから小説を書き始める。1998年、15歳の時に初めて応募した『ヨル』で文芸雑誌「鳩よ!」の掌編小説コンクールに当選し、年間MVPを受賞。高校在学中の2001年『シルエット』が第44回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。2003年に『リトル・バイ・リトル』を上梓、同年に高校を卒業し立教大学文学部に進学。『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞を受賞し、当時20歳での受賞となり史上最年少受賞と話題になった。精力的に作品を次々と発表していき、さらに多くの作品が有名文学賞の候補に次々と選ばれている。2005年に刊行した『ナラタージュ』は、映画化もされ、23万部を超えるベストセラーとなった。2006年に在籍していた立教大学文学部を中退。小説だけでなくエッセイにも活躍の場を広げていく。2015年に『Red』で第21回島清恋愛文学賞を受賞。2018年『ファーストラヴ』で第159回直木賞を受賞。
△ 直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう) | P+D MAGAZINE TOPへ