本との偶然の出会いをWEB上でも

官能小説家になろう!ぼくのかんがえたさいきょうのベッドシーンを添削してください【後編】

P+D MAGAZINE編集部が書いたベッドシーンを、「官能の生き証人」こと松村先生が添削する企画後編。30代、40代の素人が「お尻フェチ」「初恋」をテーマに書いた濡れ場に対し、松村先生の容赦ない辛口コメントが飛び出します!

bedscene2

鬼才・団鬼六氏の担当編集も務めた「官能の生き証人」である松村先生が、20代、30代、40代の素人の執筆したベッドシーンを添削する企画、「官能小説家になろう」。

【記事前編】では、松村先生による官能小説の歴史解説に続いて、20代メンバーであるオオウエくんのベッドシーンを「読む価値なし」と一蹴する、辛口な評価が飛び出しました。

続く後編では、30代、40代のメンバーが、「お尻フェチ」「初恋」をテーマにしたオリジナルベッドシーンをお披露目します。松村先生による「ガチ添削」も含め、心ゆくまでお楽しみください!

 
 
合わせて読みたい:
【P+D文学講座】スポーツと近代詩 #1
【P+D文学講座】スポーツと近代詩 #2
【P+D文学講座#3】う◯こと文学の幸福な関係・前編
【おすすめラノベ教室】ラノベに苦手意識持ってない?

 

【登場人物】

ero-profile

松村先生(55歳)
長年にわたって官能の世界に生きてきた、海千山千の編集者。相手が素人であろうと、官能に妥協は持ち込まない。

オオウエくん(22歳)
遊びたい盛りの社会人一年目。記事前編で松村先生に添削を受けたベッドシーンは、「国語力ゼロ」という超辛口の判定を受けた。

加勢 犬(31歳)
妻子持ち。東京大学で文学を研究していたという来歴が、官能小説の執筆において吉と出るか凶と出るかは未知数。

太田さん(43歳)
バツイチ。「妄想人間」としてのキャリアにかけては、メンバーの中で最長を誇る。濡れ場にも「年功の華」を咲かせられるか。

 

加勢 犬(31)の考えた「さいきょうのベッドシーン」

kasei-pic

犬:30代になって、20代の頃よりも「お尻」が好きになりました。今回は、僕がお尻に感じている「神秘(ワンダー)」と「宇宙(ロマン)」を濡れ場に込めてみました。

場面設定としては「深夜のオフィスで、二人ともスーツ着用のまま」という想定のもとお読みください。

「僕の顔を、踏んでください」村野は哀願を込めてそう告げた。

「でも私、そんなことできない」
「いいんです。先輩のお尻で踏みつけてもらえれば、もうこの人生に未練はありませんから」

30分に渡る交渉の果てに、幸子先輩はおそるおそる村野の顔に腰を下ろす。

もの言わぬ、尻。漬物石のような、尻。むんと愛おしい、尻。その真っ暗な重み。

尻は、はじめこそ遠慮の素振りを見せていたが、そのうちに諦めたように村野にのしかかり、さらに圧力を増していくのだった。その圧力は乱暴でありながらも、優しく、丹念だった。いま、村野がその優しさの中心に向かって一心不乱に呼吸をしても、もはや彼には自分のかすかな息づかいすら聞こえない。真っ暗で、酸素も足りず、指先からは温度が抜け出していくような、そんな宇宙おしりの神秘に包まれた村野は、その質量にどこまでも甘えながら、目刺しにされたイワシのように、ピチピチとはねた。

 

ero-matsu

松村先生:これは、オオウエさんのベッドシーンと比べると、多少なりともよく書けていますね。少なくとも、「続きを読んでもいいかもしれない」くらいの気持ちにはなれます。「書き手がお尻フェチである」ということは分かるし、そのフェティッシュを通じて読者を楽しませようという気概が伝わってきますね。

惜しむらくは、ボディタッチはあるけれど、やはり「快感」についての記述が薄いです。これはいかにも30代が書いたベッドシーンという感じで、よく考えてみると、今の30代って、「草食系」のはしりなんですよねだから、そもそも肌が触れ合うという行為自体に興味がないのかもしれません。

 

犬:ははぁ〜、言われてみれば確かに。

 

松村先生:この場面で言えば、犬さんは「お尻に踏まれる」という妄想を、その圧力の描写を通じて膨らませていますが、逆に言えば、「圧力」しか書かれていないんですよね。もっと、「手触り」や「匂い」、さらには「味」にまで感覚を広げていけば、お尻フェチ向けコンテンツとしての完成度は増したと思います。

 

犬:「味」かぁ……。流石にそこまでは想像力が及ばなかったですね。

 

松村先生:そのコツは、「リアリティー」と「ファンタジー」をバランス良く混ぜることです。例えば、これが深夜オフィスでの一幕ということであれば、「村野がパンツスーツ越しに尻の味を確かめると、営業帰りの蒸れた汗の味がした」とかね。

ota2
太田:なんなら、幸子先輩が顔面にまたがったまま屁をこいてもいい、ということですね!

 

オオウエ:いきなりとんでもない性癖をぶっ込みすぎだろ。

 

松村先生:あとは全体的に、コミュニケーションが不足していると思いますね。例えばこの箇所。

30分に渡る交渉の果てに、幸子先輩はおそるおそる村野の顔に腰を下ろす。

もの言わぬ、尻。漬物石のような、尻。むんと愛おしい、尻。その真っ暗な重み。

 

犬さんの並々ならぬお尻への愛着は伺えるのですが、ここから先、幸子先輩とのコミュニケーションが皆無になる分、ひとりよがりの快楽になってしまっていますね。

ero-kasei1

犬:差し出がましいようですが、ここは個人的には主語が「幸子先輩」から「尻」へと置きかわるところがポイントで、“お尻をとことん愛でる”という目的のために「人格」のフィルターを外し、物神フェチ化するという狙いを持った箇所なのですが……。

 

松村先生:だとしたら、やはりそこには思考の飛躍がありすぎると思います。例えば、「もの言わぬ、尻。漬物石のような、尻。むんと愛おしい、尻。幸子先輩の、尻。といったように、そのお尻を名指してあげるだけでも、大きな違いがあったのでは?

 

犬:確かに、一気に「愛おしさ」が増しますね。

 

松村先生:それから、なんといっても問題なのが、結びの一文ですね。

そんな宇宙おしりの神秘に包まれた村野は[…]目刺しにされたイワシのように、ピチピチとはねた。

 

これではもう、「イっちゃった」というより、「逝っちゃった」描写になってしまっています。

 

犬:〈エロス〉が〈タナトス(死への欲動)〉に転化されてしまっている(笑)

 

松村先生:そもそも、「目刺しにされたイワシ」と言われて、それがどんな快感なのか追体験できますか? ここはクライマックスなのだから、本来であれば男側の“モノ”に生じた変化が書かれていなければいけない箇所です。いきなりイワシの話をされても、読者には肩透かしというか、そもそもそれがどんな感覚なのかさっぱり伝わりません。

 

犬:正論すぎて、ぐうの音も出ねえ……。

ero-kasei2

松村先生:以上を総括すると、犬さんの評価は次のようなものになります。

 

フェチ:★★☆☆☆

快感 :★☆☆☆☆

表現力:★★★☆☆

 

「フェチ」「快感」ともに、最後が台無しにしているので、大きく減点させてもらいました。文章表現としては、オオウエさんよりかはマシですが、官能小説の濡れ場として通用するかと言えば、全く通用しません。

 

オオウエ:東大卒なのに、こんな体たらく。もはやP+D MAGAZINE編集部の面汚しですね。僕らに謝ったほうがいいと思います。

 

犬:す、すみませんでした……。

 

(次ページ:真打登場? 40代の書いた濡れ場は、なんというか、ヤバい)

記事一覧
△ 官能小説家になろう!ぼくのかんがえたさいきょうのベッドシーンを添削してください【後編】 | P+D MAGAZINE TOPへ