本との偶然の出会いをWEB上でも

生誕100年記念企画「福永武彦電子全集」

愛と死と孤独を描いた作家・福永武彦の全著作物をテーマ別に記したオリジナル個人全集です。

福永武彦 大バナー最終版

福永 武彦(ふくなが たけひこ)プロフィール

1918年福岡県生まれ。一高在学中から詩、俳句、小説等の発表を始める。1941年、東京帝国大学仏文科卒。1942年、中村真一郎、加藤周一らと文学同人「マチネ・ポエティク」を結成し、日本語での押韻定型詩の可能性を追求した。戦後、結核で療養生活を余儀なくされるが、戦場での体験や左翼運動を経験した第一次戦後派作家とは、また異質の文学活動を開始した。詩集『ある青春』、短篇集『塔』、長篇小説『風土』を発表。1954年『草の花』により、作家としての地位を確立し。以降、学習院大学で教鞭をとりながら、『冥府』『廢市』『忘却の河』等の人間心理の深奥をさぐる多くの作品を刊行。1961年『ゴーギャンの世界』で毎日出版文化賞、1972年『死の島』で日本文学大賞を受賞。1979年永眠。

福永武彦電子全集の5大特徴

■小説は作家自らの熱い想いがこもった初刊本と、最終改訂を行った決定版の両方を原則併載し、「書き換える作家」福永武彦文学の本質に根ざした電子全集
■初刊が旧字旧かな表記の小説は旧字表記で掲載し、新字新かな表記の決定版と併載
■学生時代の部誌に掲載された文章ほか、貴重な未単行本化作品も多数収録
■多彩な作品群をテーマ別に構成し、作品生成過程を中心とした詳細な解題を附す
■全巻に、署名本・識語本や原稿、未発表構想ノート、メモ等の貴重なお宝付録を掲載

最新刊

第4回配信【実験の継続『心の中を流れる河』『世界の終り』、そして『夢の輪』】(2019年1月18日配信)

fukunaga04_0626
【概要】
詩篇のような味わいをもつ短篇集『心の中を流れる河』『世界の終り』と、短篇作品「心の中を流れる河」を換骨奪胎し、別の作品として発展展開した未完の長篇『夢の輪』を収録。

【収録作品】
1 心の中を流れる河 
夢みる少年の晝と夜(初刊版)
夢みる少年の昼と夜(決定版)
夢みる少年の晝と夜(限定版)
「夢みる少年の晝と夜」限定版ノオト
秋の嘆き(初刊版)
秋の嘆き(決定版)
風 景(初刊版)
風 景(決定版)
幻 影(初刊版)
幻 影(決定版)
死神の馭者(初刊版)
死神の馭者(決定版)
一時間の航海(初刊版)
一時間の航海(決定版)
鏡の中の少女(初出版)
鏡の中の少女(初刊版)
鏡の中の少女(決定版)
心の中を流れる河(初刊版)
心の中を流れる河 (決定版)
新版『心の中を流れる河』より「再版後記」

2 世界の終り 
夜の寂しい顔(初刊版)
夜の寂しい顔(決定版)
未来都市(初刊版)
未来都市(決定版)
鬼(初刊版)
鬼(決定版)
死 後(初刊版)
死 後(決定版)
影の部分(初刊版)
影の部分(決定版)
世界の終り(初刊版)
世界の終り(決定版)
新版『世界の終り』より「再版後記」

3 夢の輪
夢の輪 序章
夢の輪 (初出版)

【附録】
Ⅰ 「夢みる少年の昼と夜」「鏡の中の少女」「心の中を流れる河」「死後」本文主要異同表
Ⅱ 「自筆手帖1948(1948-1951年)」より「夢みる少年の昼と夜」の創作ノオト画像と翻刻
Ⅲ 一九五四年七月、「夢みる少年の昼と夜」執筆時に取られた創作メモカードの表裏。表の画像と翻刻、裏の画像
Ⅳ 「一時間の航海」創作ノート画像と翻刻
Ⅴ 「心の中を流れる河」創作ノート画像
Ⅵ 「未来都市」創作ノート画像
Ⅶ 「世界の終り」自筆草稿冒頭画像
Ⅷ 長篇『夢の輪』創作ノート画像と翻刻
Ⅸ 長篇『夢と現実』創作ノート(一九五一年七月筆)画像

配信スケジュール

第1回配信 【「草の花」体験、福永武彦の出発】(2018年10月19日配信

fukunaga01_0626
【概要】
福永の出世作『草の花』を中心に、初めて単行本化された短篇集『塔』、学生時代に書かれた書簡等の貴重な初期作品を多数収録。

【収録作品】
1 草の花
かにかくに(旧字版) 
かにかくに(新字版)  
慰霊歌     
草の花(初刊版)  
「草の花」遠望
草の花(決定版)   
 
2 関連文
病者の心  
詩篇「戸田の春」  
詩篇「ひそかなるひとへの思ひ」  
弓術部部員宛福永書簡(旧字版)  
弓術部部員宛福永書簡(新字版)  
「平野和夫君を偲びて」より俳句三句

3 小品四種
晩春記(初刊版)
晩春記(決定版)
旅への誘い初刊版)
旅への誘い(決定版)
鴉のいる風景(ロマネスク版)
鴉のいる風景(初刊版)
鴉のいる風景(決定版)
夕焼雲(初刊版)
夕焼雲(決定版)

4 『塔』
塔(初刊版)   
塔(決定版)  
雨(初刊版)   
雨(決定版)   
めたもるふぉおず(初刊版)   
めたもるふぉおず(決定版) 
初刊本『塔』巻末のノオト  

【附録】
Ⅰ「開成會會報」第六号、第七号
Ⅱ 第一高等学校弓術部「反求會々報」第十七号
Ⅲ 矢内原伊作宛の献呈署名本二種
Ⅳ 矢内原伊作宛はがき

第2回配信 【『小説風土』、ロマンの創造】(2018年11月16日配信)

fukunaga02_0626

【概要】
福永自ら処女作と呼ぶ長篇『小説風土』を初出版から決定版まで4種収録。対照によって筆者苦心の手入れ痕が確認できる。

【収録作品】

1 小説風土
小説風土 (初出版) 
・第一部 第一章、第二章
・第一部 第三章
・第一部 第四章
・第二部 一日(1)~一日(3)の過去
・第二部 一日(4)~一日(7)の過去
・第二部 一日(8)~一日(12)の過去

小説風土(省略版)
・第一部
・第三部

小説風土(完全版)
・第一部
・第二部
・第三部

小説風土(決定版)
・第一部
・第二部
・第三部

2 関連文 
「風土」初版予告
「風土」完全版予告
(随筆)夢のように

【附録】
Ⅰ『小説風土』本文主要異同表
Ⅱ 自筆「風土構想ノート」より、第一ページ
Ⅲ 自筆「風土構想ノート」より、「1947」年のページ
Ⅳ「自筆手帖1948(1948-1951)」より、「小説風土」関連メモの翻刻文と画像二種
Ⅴ 『小説風土 完全版』寄贈名簿 

第3回配信【先鋭な実験『夜の三部作』、そして『愛の試み』】(2018年12月21日配信

fukunaga03_0626
【概要】
“暗黒意識”を主題にした『夜の三部作』、愛と孤独の様相を正面から描いたエッセイ『愛の試み』。福永文学の精髄に迫る。

【収録作品】
1 『冥府』、『夜の三部作』
冥府 (初刊版) 
冥府 (決定版)
水中花(初刊版)
水中花(決定版)
時計(初刊版)
時計(決定版)
遠方のパトス(初刊版)
遠方のパトス(決定版)
河(初刊版)
河(決定版)
夜の時間(初刊版)
夜の時間(決定版)
深淵(初刊版)
深淵(決定版)
「夜の三部作」初版序文

2 『愛の試み』
愛の試み(初刊版)
愛の試み(決定版)
愛の試み 愛の終り(初刊版)
愛の終り(新字版)
見知らぬ町(新字版)
『愛の試み 愛の終り』特製三十部本付記
新版『愛の試み 愛の終り』序

【附録】

Ⅰ「冥府」「深淵」「夜の時間」「遠方のパトス」本文主要異同表
Ⅱ 福永武彦自筆の「冥府」表紙下絵二種
Ⅲ「夜の時間」広告
Ⅳ「夜の時間」自筆草稿
Ⅴ「冥府」初刊本扉に記された自筆俳句(未発表)
Ⅵ「河」創作ノート 
Ⅶ 東京療養所入所時の自筆メモ二種
Ⅷ ラジオドラマ「ある愛の終り」台本
Ⅸ 福永が療養所で読んだマルカム・カウリー編のヘミングウェイとフォークナーの著書
Ⅹ 「自筆手帖1948(1948-1951)」より「夜の時間」に繋がるメモの翻刻と画像二種

第4回配信【実験の継続『心の中を流れる河』『世界の終り』、そして『夢の輪』】(2019年1月18日配信)

fukunaga04_0626
【概要】
詩篇のような味わいをもつ短篇集『心の中を流れる河』『世界の終り』と、短篇作品「心の中を流れる河」を換骨奪胎し、別の作品として発展展開した未完の長篇『夢の輪』を収録。

【収録作品】
1 心の中を流れる河 
夢みる少年の晝と夜(初刊版)
夢みる少年の昼と夜(決定版)
夢みる少年の晝と夜(限定版)
「夢みる少年の晝と夜」限定版ノオト
秋の嘆き(初刊版)
秋の嘆き(決定版)
風 景(初刊版)
風 景(決定版)
幻 影(初刊版)
幻 影(決定版)
死神の馭者(初刊版)
死神の馭者(決定版)
一時間の航海(初刊版)
一時間の航海(決定版)
鏡の中の少女(初出版)
鏡の中の少女(初刊版)
鏡の中の少女(決定版)
心の中を流れる河(初刊版)
心の中を流れる河 (決定版)
新版『心の中を流れる河』より「再版後記」

2 世界の終り 
夜の寂しい顔(初刊版)
夜の寂しい顔(決定版)
未来都市(初刊版)
未来都市(決定版)
鬼(初刊版)
鬼(決定版)
死 後(初刊版)
死 後(決定版)
影の部分(初刊版)
影の部分(決定版)
世界の終り(初刊版)
世界の終り(決定版)
新版『世界の終り』より「再版後記」

3 夢の輪
夢の輪 序章
夢の輪 (初出版)

【附録】
Ⅰ 「夢みる少年の昼と夜」「鏡の中の少女」「心の中を流れる河」「死後」本文主要異同表
Ⅱ 「自筆手帖1948(1948-1951年)」より「夢みる少年の昼と夜」の創作ノオト画像と翻刻
Ⅲ 一九五四年七月、「夢みる少年の昼と夜」執筆時に取られた創作メモカードの表裏。表の画像と翻刻、裏の画像
Ⅳ 「一時間の航海」創作ノート画像と翻刻
Ⅴ 「心の中を流れる河」創作ノート画像
Ⅵ 「未来都市」創作ノート画像
Ⅶ 「世界の終り」自筆草稿冒頭画像
Ⅷ 長篇『夢の輪』創作ノート画像と翻刻
Ⅸ 長篇『夢と現実』創作ノート(一九五一年七月筆)画像

第5回配信【実験の展開、『廢市』、そして『告別』。】(2019年2月15日配信)

fukunaga05_1205

【概要】
青年のひと夏を描き、後に映画化された「廢市」、ある大学教授の内的独白と死を描いた「告別」を中心に、怪獣映画「モスラ」の原作(中村真一郎、堀田善衛と共作)も収録。

【収録作品】

1 廃市と関連文
廢市(初刊版)
廢市(決定版)
沼(初刊版)
沼(決定版)
飛ぶ男(初刊版)
飛ぶ男(決定版)
樹(初刊版)
樹(決定版)
風花(初刊版)
風花(決定版)
退屈な少年(初刊版)
退屈な少年(決定版)
後記『廢市』        
筑後柳河―作者の言葉

2 告別
告別(初刊版)
告別(決定版)
形見分け(初刊版)
形見分け(決定版)
私の小説作法 
わが小説      
新版後記

3 新潮社版全集未収録文
高原奇聞
発光妖精とモスラ(中村真一郎・堀田善衞共作) 
 〔上〕草原に小美人の美しい歌声  中村真一郎
 〔中〕四人の小妖精見世物となる  福永武彦
 〔下〕モスラついに東京湾に入る  堀田善衛
もう一度行きたい所
時の雫

【附録】

Ⅰ「廃市」「飛ぶ男」「樹」「風花」「告別」の本文主要異同表
Ⅱ「飛ぶ男」創作ノート画像
Ⅲ「樹」創作ノート画像
Ⅳ「風花」創作ノート画像
Ⅴ「退屈な少年」創作ノート画像
Ⅵ 初刊本『廢市』に記された短歌
Ⅶ 初刊本『告別』に記された短歌
Ⅷ 雑誌「少年」附録、漫画「大怪獣モスラ」表紙
Ⅸ 映画「モスラ」新聞広告 
Ⅹ 雑誌「中学時代一年生」附録、「大怪獣モスラ」表紙
十一 ラジオドラマ「時の雫」(1964年10月)放送台本表紙

△ 生誕100年記念企画「福永武彦電子全集」 | P+D MAGAZINE TOPへ