本との偶然の出会いをWEB上でも

宮尾登美子電子全集

全小説、随筆、対談をテーマ、ジャンル別に編集、再構成。付録は特集企画、インタビュー、貴重な写真ほか満載!

宮尾登美子

宮尾登美子(みやお・とみこ)プロフィール

大正15(1926)年4月13日、高知県高知市生まれ。高坂高等女学校卒業、同校家政研究科を中途退学し代用教員となる。同僚と結婚、長女出産後満州へ渡り戦後ようやく帰国。次女誕生の後、36歳の時に短篇『連』で婦人公論女流新人賞を受賞し、文筆業に入る。離婚、再婚を経て上京、『櫂』で太宰治賞を受賞して注目される。『鬼龍院花子の生涯』『陽暉楼』『寒椿』『藏』『義経』『天璋院篤姫』など映像化、舞台化された作品も数多い。『寒椿』女流文学賞、『一絃の琴』直木賞、『序の舞』吉川英治文学賞ほか多数受賞。平成元(1989)年に紫綬褒章受章。平成26(2014)年12月30日、老衰のため永眠。享年88。

「宮尾登美子電子全集」とは―――――

■宮尾登美子の全作品、随筆、対談などを、テーマ別・ジャンル別に編集、再構成して1巻にまとめています。
■各巻に付録として、作品にちなんだ特集企画、著名人インタビュー、宮尾登美子プライベート写真などがつきます。
■監修は文芸評論家・川村湊。
■2018年1月5日より、毎月第1金曜に配信。全20巻。
■価格は、1巻本体1,400円+税。
■対象端末/電子書籍専用端末、スマートフォン、タブレット端末、PC
■販売サイト/主要電子書店

最新刊

(2018年1月5日配信)
■第1巻『櫂/岩伍覚え書』
【テーマ】宮尾文学の幕開け

miyao1_1207

【収録作品】
『櫂』は大正から昭和初期にかけての土佐の花街を舞台にした、自伝的作品。宮尾が恥としてきた家業、生い立ちをモチーフに土佐の風土や気質を織り交ぜながら、練り上げられた文体で情愛を込めて書き上げた。
『岩伍覚え書』は父親の死後に見つかった日記を基に書かれた短篇集で、「三日月次郎一件について」「すぼ抜きについて」「満州往来について」「博徒あしらいについて」の4作品を収録。

【付録】
●付録1 著者と親交のあった女優「檀ふみインタビュー」
●付録2 当全集の監修者、文芸評論家「川村湊の解説」
●付録3 特集企画「写真で見る 高知の今昔」
●付録4 プライベート写真満載、連載「宮尾登美子写真館」
●付録5 「高知観光ガイド」
●付録6 「DVD作品紹介」

詳しくはこちら>

配信スケジュール

第1巻/2018年1月5日配信
第2巻/2018年2月2日配信
第3巻/2018年3月2日配信
第4巻/2018年4月6日配信
第5巻/2018年5月4日配信
第6巻/2018年6月1日配信
第7巻/2018年7月6日配信
第8巻/2018年8月3日配信
第9巻/2018年9月7日配信
第10巻/2018年10月5日配信
第11巻/2018年11月2日配信
第12巻/2018年12月7日配信
第13巻/2019年1月4日配信
第14巻/2019年2月1日配信
第15巻/2019年3月1日配信
第16巻/2019年4月5日配信
第17巻/2019年5月3日配信
第18巻/2019年6月7日配信
第19巻/2019年7月5日配信
第20巻/2019年8月2日配信

△ 宮尾登美子電子全集 | P+D MAGAZINE TOPへ