本との偶然の出会いをWEB上でも

高橋和巳 ・高橋たか子  電子全集

高橋 和巳(たかはし かずみ)

1931(昭和6)年8月31日~1971(昭和46)年5月3日。享年39。大阪出身。京都大学文学部中国語中国文学科卒。小説家、中国文学者。妻は小説家の高橋たか子。立命館大学講師、明治大学文学部助教授、京都大学文学部助教授を歴任。学友に小松左京、若く石原慎太郎と新人文学賞を競い、埴谷雄高を敬愛し、晩年の文学仲間には小田実、開高健、柴田翔、真継伸彦らがいた。
『悲の器』(第1回文藝賞1962年)で作家デビュー。全共闘問題に加担し教授会の公開性をもって大学批判、「全共闘のアイドル作家」ともいわれたが身体を壊し、結腸ガンにより自らの解体を余儀なくされる。左翼的な思想とともに鬱勃たる日本的情念を基層にした旺盛な作家活動で、宗教、歴史、文明、人類、科学、現象学など、評論、講演、座談会など含め文学テーマは多岐にわたる。主な小説『邪宗門』『憂鬱なる党派』『我が心は石にあらず』、評論『孤立無援の思想』『わが解体』ほか。憂愁と絢爛の六朝文学を中心とした中国文学研究に造詣深い。

高橋たか子(たかはし たかこ)

1932(昭和7)年3月2日~2013(平成25)年7月12日、享年81。京都府出身。京都大学文学部フランス文学科卒。同大学文学部修士課程修了。
本名和子(たかこ)。夫は小説家の高橋和巳。
1960年、「婦人公論」女流新人賞に応募した縁で、担当編集者だった近藤信行が主宰する「白猫」同人となり、「化身」「白夜」「骨の城」などシュールレアリズム作品を発表。これらはのちに単行本『骨の城』に収録されている。
1971年、和巳と死別したことをきっかけに、執筆活動が本格化。女子大学生の自殺をテーマにした『誘惑者』(泉鏡花文学賞)のほか、『空の果てまで』(田村俊子賞)、『ロンリー・ウーマン』(女流文学賞)などで女性の心理を見事に描出した。
1975年、カトリックの洗礼を受け、1980年からフランスで修道生活を送りつつ創作活動を継続。『天の湖』『荒野』と宗教的作品を発表し、読売文学賞を受賞した『怒りの子』に結実する。
1990年、母の介護のために京都の実家に戻るが、母の死後、茅ヶ崎市に転居、同地にて逝去。
その他の作品に、『この晩年という時』、『きれいな人』(毎日芸術賞)、『終りの日々』などがある。

「高橋和巳・高橋たか子電子全集」とは――

全共闘世代から熱い支持を受けた“憂愁の作家”高橋和巳と、不可解な心理の深層を描き続けた“内面の作家”高橋たか子という“奇蹟の夫婦”の全作品をテーマ別に構成して完全収録。生前の両氏に薫陶を受けた文学者をそれぞれ監修者に迎え、史上初の“夫婦で紡ぐ電子全集”として、和巳、たか子、それぞれが生誕90年を迎える2021年・2022年~2023年にかけて刊行。2021年8月27日より配信開始され、和巳12巻、たか子12巻の計全24巻で完結予定。

■各巻のテーマは、高橋和巳は小説、評論、中国文学、対話。高橋たか子は小説、伝記、エッセイ、対談その他等を、テーマ別に再構成して1巻にまとめ、月ごとに交互に配信。
■全24巻を毎月1巻ずつ、第4金曜日に配信。
■価格は、1巻本体2,000円+税
■各巻に、生原稿や、関連文章、写真等が付録として付きます。
■対象端末/電子書籍専用端末、スマートフォン、タブレット端末、PC。
■販売サイト/主要な電子書店

最新刊

高橋和巳・高橋たか子電子全集12 高橋たか子 小説6 『きれいな人』ほか(2022年7月22日配信)


高橋たか子

きれいな人 

巡礼地に立つ フランスにて 

墓の話

過ぎ行く人たち 

単行本未収録作品(短篇)
假の家

遠い水、近い水
二つの、お話
この世の底にいて
終りの日
あこがれ
空(そら・くう)

未発表作品(生原稿より)

物の力。あるいは、独身者

メモ。あるいは思い出のごとく
あの頃
レミニッサンス
或る近くて遠い迷路

(解説)
人生の終り/始まり――高橋たか子の晩年と遺作
山内由紀人

(付録)高橋たか子 特別付録6

付録1(資料)
 未発表作品7編 自筆生原稿
筆者自筆未発表作品等の目録
「顏」
「物の力。あるいは、独身者」 
「庭」
「メモ。あるいは思い出のごとく」
「あの頃」
「レミニッサンス」
「或る近くて遠い迷路」
筆者直筆メモ

付録2(資料)
初刊本表紙

(解題)
第十二巻 解題
山内由紀人

配信スケジュール

高橋和巳・高橋たか子電子全集1  高橋和巳 小説1 『邪宗門』ほか(2021年8月27日配信)


高橋和巳

邪宗門(上)

邪宗門(下)

邪宗門(初出版)全74回

古風

(解説)
二十一世紀の新たなる古典
橋本安央

(付録)高橋和巳 特別付録1

付録1(資料)
「邪宗門」生原稿
『邪宗門』初刊本 表紙(上下巻)
「邪宗門」初出版
「古風」生原稿(一部鉛筆)

付録2(高橋和巳写真館)

(解題・書誌)
第一巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集2  高橋たか子 小説1 『誘惑者』ほか(2021年9月24日配信)


高橋たか子

失われた絵
失われた絵
白い光
夏の淵
「私」という人称ーーあとがき

没落風景

華やぐ日
華やぐ日
昔の街
疑惑
熱い日
晴間

誘惑者

ロンリー・ウーマン
ロンリー・ウーマン
お告げ
狐火
吊橋
不思議な縁

(解説)
神と渇き――高橋たか子の出発
山内由紀人
(付録)高橋たか子 特別付録1
付録1(ラジオドラマ・シナリオ)
ラジオドラマ『誘惑者』
脚色・板谷全子
付録2(高橋たか子写真館)
付録3(資料)
初刊本表紙
(解題)
第二巻 解題
山内由紀人

高橋和巳・高橋たか子電子全集3  高橋和巳 小説2 『悲の器』ほか(2021年10月22日配信)


高橋和巳

悲の器

飛翔

高橋和巳の思い出
高橋たか子

高橋和巳という人
高橋たか子

(解説)
壮大な「反青春小説」として
井口時男

(付録)高橋和巳 特別付録1

付録1(資料)
『悲の器』生原稿
『悲の器』生原稿 未定稿
「悲の器」初刊本表紙
「われらの文学21」 (「悲の器」所収)

(解題)
第三巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集4 高橋たか子 小説2 『人形愛』ほか  (2021年11月26日配信)

高橋たか子
天の湖

人形愛 
 人形愛 
 秘儀
 見知らぬ山
 結晶体
 あとがき

鏡狂

荒野 

怪しみ 
 怪しみ 
 招き
 顕われ
 誘い
 あとがき

(解説)
絶対愛とは何かーーカトリック作家としての旅立ち

山内由紀人

(付録)高橋たか子 特別付録2

付録1(資料)
初刊本表紙

(解題)
第四巻 解題

高橋和巳・高橋たか子電子全集5 高橋和巳 小説3 『憂鬱なる党派』ほか(2021年12月24日配信)

高橋和巳

憂鬱なる党派(決定版)

憂鬱なる党派(初出「VIKING」版)

貧者の舞い

(解説)
「戦後」の総括、そして「暗黒への出発」――「焼跡」派の文学
黒古 一夫

(付録)高橋和巳 特別付録1

付録1(資料)

『憂鬱なる党派』定稿 生原稿

『憂鬱なる党派』第十六章で使わなかった箇所 生原稿 

『憂鬱なる党派』 書き込みゲラ

『憂鬱なる党派』 初刊本

『憂鬱なる党派』 初出版(「雑誌」VIKING)

付録2(高橋和巳写真館)

(解題・書誌)
第五巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集6 高橋たか子 小説3 『空の果てまで』ほか(2022年1月28日配信

高橋たか子

彼方の水音 
 相似形
 囚われ
 渺茫(びょうぼう) 
 子供さま
 彼方の水音

骨の城 
 骨の城
 化身
 白夜
 眼
 きらめき
 半音階的幻想
 交わり
 神秘の湖
 リュミリア
 乗車錯誤
 
双面 
 同心円のなかで
 微笑
 双面 

空の果てまで 

共生空間 
 共生空間 
 西方の国
 秘
 遠くから来るもの
 魔の時
 螺旋階段

(解説)

シュールレアリスムと幻想世界――初期作品とその時代

山内由紀人

(付録)高橋たか子 特別付録3

付録1(資料)
初刊本表紙

(解題)
第六巻 解題
山内由紀人

高橋和巳・高橋たか子電子全集7 高橋和巳 小説4 『我が心は石にあらず』ほか (2022年2月25日配信)


高橋和巳

我が心は石にあらず

我が心は石にあらず(ラジオドラマ台本)

我れ関わり知らず

(解説)
「破滅」を凝視しつづける眼   
小林広一

(付録)高橋和巳 特別付録4

付録1(資料)

「我が心は石にあらず」(ラジオドラマ台本)

「我れ関わり知らず」初出掲載誌

VIKING例会 出席の手紙 

(解題・書誌)
第七巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集8 高橋たか子 小説4 『怒りの子』ほか(2022年3月25日配信)


高橋たか子
装いせよ、わが魂よ

遠く、苦痛の谷を歩いている時 
 甦りの家
 病身
 遠く、苦痛の谷を歩いている時 
  あとがき

恋う

終りなき出会い

怒りの子 

(解説)
神を恋う日々――小説家から修道者へ

山内由紀人

(付録)高橋たか子 特別付録4
付録1(資料)
『装いせよ、わが魂よ』生原稿

付録2(資料)
初刊本表紙

(解題)
第八巻 解題
山内由紀人

高橋和巳・高橋たか子電子全集9 高橋和巳  小説5『日本の悪霊』ほか(2022年4月22日配信)高橋和巳

日本の悪霊 (決定版)

日本の悪霊 (初出版)

堕落

散華

革命の化石

(解説)
生の根源としての《憤怒》と破滅について
 
立石伯

(付録)高橋和巳 特別付録5

付録1(資料)

『日本の悪霊』生原稿

映画「日本の悪霊」台本

「堕落」生原稿

「散華」生原稿

「散華」ラジオドラマ台本

「革命の化石」生原稿

(解題・書誌)
第九巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集10 高橋たか子 小説5 『亡命者』ほか(2022年5月27日配信)


高橋たか子

土地の力 

始まりへ (小説ふう戯曲)

亡命者

君の中の見知らぬ女

(解説)
霊的著作、そして再び文学へーー髙橋たか子の帰郷
山内由紀人

(付録)高橋たか子 特別付録5

付録1(資料)
戯曲「人生の終りの時」(未完)生原稿

付録2(資料)
初刊本表紙

(解題)
第十巻 解題
山内由紀人

高橋和巳・高橋たか子電子全集11 高橋和巳  小説6『黄昏の橋』』ほか(2022年6月24日配信)


高橋和巳

黄昏の橋

白く塗りたる墓

もう一つの絆

(遺稿)
遥かなる美の国

(未発表作品)
清角の音
他者の古里

(解説)
未完の長編小説
 
高城修三

(付録)高橋和巳 特別付録6

付録1(資料)
『白く塗りたる墓』生原稿

『白く塗りたる墓』未定稿 生原稿

「人間として」創刊号表紙

「遥かなる美の国」(生原稿)

「文藝」高橋和巳追悼号 表紙

「清角の音」生原稿

「他者の古里」生原稿

『黄昏の橋』初刊本 表紙

『白く塗りたる墓』初刊本 表紙

(解題・書誌)
第十一巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集12 高橋たか子 小説6 『きれいな人』ほか(2022年7月22日配信)


高橋たか子

きれいな人 

巡礼地に立つ フランスにて 

墓の話

過ぎ行く人たち 

単行本未収録作品(短篇)
假の家

遠い水、近い水
二つの、お話
この世の底にいて
終りの日
あこがれ
空(そら・くう)

未発表作品(生原稿より)

物の力。あるいは、独身者

メモ。あるいは思い出のごとく
あの頃
レミニッサンス
或る近くて遠い迷路

(解説)
人生の終り/始まり――高橋たか子の晩年と遺作
山内由紀人

(付録)高橋たか子 特別付録6

付録1(資料)
 未発表作品7編 自筆生原稿
筆者自筆未発表作品等の目録
「顏」
「物の力。あるいは、独身者」 
「庭」
「メモ。あるいは思い出のごとく」
「あの頃」
「レミニッサンス」
「或る近くて遠い迷路」
筆者直筆メモ

付録2(資料)
初刊本表紙

(解題)
第十二巻 解題
山内由紀人

高橋和巳・高橋たか子電子全集13 高橋和巳  小説7『捨子物語』ほか (2022年8月26日配信)

高橋和巳

捨子物語(決定版)
あとがき

捨子物語(初出「現代文学」版)

捨子物語(自費出版「足立書房」版)

片隅から (あの花この花)
月光
淋しい男
退屈に就いて―チエホフ小論
老牛
藪医者 (日々の葬祭)
生ける朦朧

森の王様
子供たちに与う倨傲の歌
コプラの歎き
奇妙な終宴
神よ、我れこの児を殺さむ
不可能な三幕   (戯曲:未完)
詠み人知らず  (ラジオドラマ)
国家ーーあるいは「幻の国」
三人の父

(解説)
根源的呪縛としての原体験
 
藤村耕治

(付録)高橋和巳 特別付録7
付録1(資料)

『捨子物語』(決定版)生原稿
「捨子物語」(初出版)
『捨子物語』(足立書房版)
「ARUKU」第7号(「藪医者」初出 所収)
「奇妙な終宴」(生原稿)
『神よ、我れこの児を殺さむ』(生原稿)
「国家ーーあるいは『幻の国』」(生原稿)

付録2(高橋和巳写真館)

(解題・書誌)
第十三巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集14 高橋たか子 伝記 『神の海』ほか (2022年9月22日配信)


高橋たか子

(伝記)
神の海 マルグリット・マリ伝記 

ライサという名の妻 

(ラジオドラマ台本)
夜の客
遠いあなたへ
不思議な縁

(解説)
夜と海と光と――〈聖女〉たちの物語
山内由紀人

(付録)高橋たか子 特別付録6

付録1(資料)
「ライサという名の妻」メモ

付録2(資料)
初刊本表紙

(解題)
第十四巻 解題
山内由紀人

△ 高橋和巳 ・高橋たか子  電子全集 | P+D MAGAZINE TOPへ