本との偶然の出会いをWEB上でも

高橋和巳 ・高橋たか子  電子全集

高橋 和巳(たかはし かずみ)

1931(昭和6)年8月31日~1971(昭和46)年5月3日。享年39。大阪出身。京都大学文学部中国語中国文学科卒。小説家、中国文学者。妻は小説家の高橋和たか子。立命館大学講師、明治大学文学部助教授、京都大学文学部助教授を歴任。学友に小松左京、若く石原慎太郎と新人文学賞を競い、埴谷雄高を敬愛し、晩年の文学仲間には小田実、開高健、柴田翔、真継伸彦らがいた。
『悲の器』(第1回文藝賞1962年)で作家デビュー。全共闘問題に加担し教授会の公開性をもって大学批判、「全共闘のアイドル作家」ともいわれたが身体を壊し、結腸ガンにより自らの解体を余儀なくされる。左翼的な思想とともに鬱勃たる日本的情念を基層にした旺盛な作家活動で、宗教、歴史、文明、人類、科学、現象学など、評論、講演、座談会など含め文学テーマは多岐にわたる。主な小説『邪宗門』『憂鬱なる党派』『我が心は石にあらず』、評論『孤立無援の思想』『わが解体』ほか。憂愁と絢爛の六朝文学を中心とした中国文学研究に造詣深い。

高橋たか子(たかはし たかこ)

1932年(昭和7年)3月2日 – 2013年(平成25年)7月12日、享年81。京都府出身。京都大学文学部フランス文学科卒。同大学文学部修士課程修了。
小説家。夫は小説家の高橋和巳。旧姓岡本、本名和子(たかこ)。
大学在学中に高橋和巳と知り合い、卒業の半年後に結婚する。大学院に進み、1958年に修士を取得。修士論文は「モーリアック論」。作家志望の和巳を、たか子が家庭教師や翻訳、外国人観光客のガイドなどをして家計を支え、加えて夫の原稿の清書なども精力的に手伝い、創作活動を支える一方で、自らも小説・評論を書き続ける。1965年に鎌倉市に転居。1969年に夫である和巳が病に倒れ、たか子は献身的に介護するも、1971年、和巳と死別。その後、本格的に執筆活動に入る。1975年に遠藤周作の在席のもとカトリックの洗礼を受ける。1980~1988年の間はフランスで修道生活を送りながら、日本との間を往復し、霊的生活と作家活動を送った。1990年、母の介護のために京都の実家に戻るが、母の死後、茅ヶ崎市に転居、同地にて逝去。主な作品に三原山での女子大学生の投身自殺を描いた『誘惑者』(第4回泉鏡花文学賞)のほか、『空の果てまで』(第13回田村俊子賞)、『ロンリー・ウーマン』(第16回女流文学賞)、『怒りの子』(第37回読売文学賞)、『きれいな人』(第45回毎日芸術賞)などがある。

「高橋和巳・高橋たか子電子全集」とは――

全共闘世代から熱い支持を受けた“憂愁の作家”高橋和巳と、不可解な心理の深層を描き続けた“内面の作家”高橋たか子という“奇蹟の夫婦”の全作品をテーマ別に構成して完全収録。生前の両氏に薫陶を受けた文学者をそれぞれ監修者に迎え、史上初の“夫婦で紡ぐ電子全集”として、和巳、たか子、それぞれが生誕90年を迎える2021年・2022年~2023年にかけて刊行。2021年8月27日より配信開始され、和巳12巻、たか子12巻の計全24巻で完結予定。

■各巻のテーマは、高橋和巳は小説、評論、中国文学、対話。高橋たか子は小説、伝記、エッセイ、対談その他等を、テーマ別に再構成して1巻にまとめ、月ごとに交互に配信。
■全24巻を毎月1巻ずつ、第4金曜日に配信。
■価格は、1巻本体2,000円+税
■各巻に、生原稿や、関連文章、写真等が付録として付きます。
■対象端末/電子書籍専用端末、スマートフォン、タブレット端末、PC。
■販売サイト/主要な電子書店

最新刊

高橋和巳・高橋たか子電子全集2  高橋たか子 小説1 『誘惑者』ほか(2021年9月24日配信)


高橋たか子

失われた絵 
 失われた絵
 白い光
 夏の淵
 「私」という人称ーーあとがき

没落風景 

華やぐ日
 華やぐ日
 昔の街
 疑惑
 熱い日
 晴間
 
誘惑者 

ロンリー・ウーマン 
 ロンリー・ウーマン
 お告げ
 狐火
 吊橋
 不思議な縁

(解説)
神と渇き――高橋たか子の出発
山内由紀人
(付録)高橋たか子 特別付録1
付録1(ラジオドラマ・シナリオ)
ラジオドラマ『誘惑者』
脚色・板谷全子
付録2(高橋たか子写真館)
付録3(資料)
初刊本表紙
(解題)
第二巻 解題
山内由紀人

配信スケジュール

高橋和巳・高橋たか子電子全集1  高橋和巳 小説1 『邪宗門』ほか(2021年8月27日配信)


高橋和巳

邪宗門(上)

邪宗門(下)

邪宗門(初出版)全74回

古風

(解説)
二十一世紀の新たなる古典
橋本安央

(付録)高橋和巳 特別付録1

付録1(資料)
「邪宗門」生原稿
『邪宗門』初刊本 表紙(上下巻)
「邪宗門」初出版 
「古風」生原稿(一部鉛筆)

付録2(高橋和巳写真館)

(解題・書誌)
第一巻 解題
太田代志朗

高橋和巳・高橋たか子電子全集2  高橋たか子 小説1 『誘惑者』ほか(2021年9月24日配信)


高橋たか子

失われた絵 
 失われた絵
 白い光
 夏の淵
 「私」という人称ーーあとがき

没落風景 

華やぐ日
 華やぐ日
 昔の街
 疑惑
 熱い日
 晴間
 
誘惑者 

ロンリー・ウーマン 
 ロンリー・ウーマン
 お告げ
 狐火
 吊橋
 不思議な縁

(解説)
神と渇き――高橋たか子の出発
山内由紀人
(付録)高橋たか子 特別付録1
付録1(ラジオドラマ・シナリオ)
ラジオドラマ『誘惑者』
脚色・板谷全子
付録2(高橋たか子写真館)
付録3(資料)
初刊本表紙
(解題)
第二巻 解題
山内由紀人

高橋和巳・高橋たか子電子全集3  高橋和巳 小説2 『悲の器』ほか(2021年10月22日配信)


高橋和巳

悲の器

飛翔

高橋和巳の思い出
高橋たか子

高橋和巳という人
高橋たか子

(解説)
壮大な「反青春小説」として
井口時男

(付録)高橋和巳 特別付録1

付録1(資料)
『悲の器』生原稿
『悲の器』生原稿 未定稿
「悲の器」初刊本表紙
「われらの文学21」 (「悲の器」所収)

(解題)
第三巻 解題
太田代志朗

△ 高橋和巳 ・高橋たか子  電子全集 | P+D MAGAZINE TOPへ