本との偶然の出会いをWEB上でも

『江戸散歩(上)』試し読み/三遊亭圓生

著・三遊亭圓生の『江戸散歩(上)』の作品詳細、試し読みコンテンツを公開しています。

落語家の”心のふるさと”江戸を圓生が語る

edosanpo
試し読みはこちらから>>


著:三遊亭圓生
定価本体:550円+税
発売日:2016年6月10日

江戸散歩(上)/書籍の内容

落語家の“心のふるさと”江戸を圓生が語る。

持ち噺の多彩さで史上最高といわれた六代目・三遊亭圓生にとって、江戸は“心のふるさと”である。
お洒落で、美味好きで、好色で、意気と芸を何より重んじた町・江戸。落語の世界と圓生自身の思い出に残る“江戸”を訪ねて、そこに残る「路地の暮らし」を縦横無尽に語るエッセイ。

上巻では、日本橋、神田、浅草等を散歩する。


△ 『江戸散歩(上)』試し読み/三遊亭圓生 | P+D MAGAZINE TOPへ