本との偶然の出会いをWEB上でも

田村セツコ『白髪の国のアリス 田村セツコ式 紙とえんぴつ健康法』/「少女ブック」や「りぼん」でおなじみのイラストレーターが贈る魔法練習帳!

1960年代の少女雑誌の表紙などでおなじみのイラストレーター・田村セツコこと「セッちゃん」は、白髪を染めずにナチュラルにカールして、シンデレラ姫のように原宿通りを歩く80代。年をとってもハッピーに毎日を過ごす秘訣がつまった一冊を紹介します!

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
嵐山光三郎【作家】

白髪の国のアリス 田村セツコ式 紙とえんぴつ健康法

田村セツコ 著
集英社 
1980円

高齢者がハッピーになる魔法がもりだくさん

「セッちゃん」の愛称で親しまれているイラストレーター田村セツコさまは、1960年代の少女雑誌「少女ブック」や「りぼん」の表紙でおなじみの白髪美人だ。
 白髪を染めずにナチュラルにカールして、リボンをつけ、シンデレラ姫のようにランラーンと原宿通りを歩いている。80歳すぎても少女のままで、居酒屋では樽の椅子にあぐらを組んで、茶碗酒を飲むんですよ。豪快にしてチャーミングで、いつもゴキゲン。
 美術展もやるし、青山の秘密のアトリエで、お皿やグラスをぴかぴかにみがく。スポンジを泡立て洗うのが楽しみなんだって。
 どうしたら、セッちゃんみたいに自由自在に生きることができるんだろう。(1)絵日記のかきかた、(2)手芸(古い毛糸の人形)、(3)くいしんぼ物語、(4)ぬりえ、(5)SMILEを着る、ほかセッちゃんの魔法練習帳が、ステキな絵入りで出てきます。
 セツコ式「紙とえんぴつ健康法」とはなにか。セッちゃんが「白髪の国のアリス」ならば、私も「ピノッキオのゼペット爺さん」になってこのままノコノコと生きていこうと力づけられた。
 セッちゃんは長いあいだ老母介護をしてきた。年老いた親が、何か思い出話とか気になる考えをつぶやいたときは、耳もとで「さすが」とささやく。これは「しっかりしてよ」なんて言うより、ずっとキキメのある、あたたかく甘いお薬です。とセッちゃんはいう。
 そうなんだ。セッちゃんの生き方はシンプルで、困ったことも楽しんでしまう。年をとると、しょっちゅう忘れ事をしたり、物をなくしたりするが「やったー、脳が喜んでいるよ」と楽しんでしまえばいいんですね。
「白髪の国のアリス」はハッピーになる魔法練習帳。「大人の絵日記のコツ」が役に立ちます。絵がうまい、ヘタは関係ない。
 割りばしと紙ねんどで作る人形や、新聞やチラシを使ったコラージュ、古ボタンのアクセサリーまで、セッちゃんの魔法がもりだくさんです。

(週刊ポスト 2022年10.21号より)

記事一覧
△ 田村セツコ『白髪の国のアリス 田村セツコ式 紙とえんぴつ健康法』/「少女ブック」や「りぼん」でおなじみのイラストレーターが贈る魔法練習帳! | P+D MAGAZINE TOPへ