本との偶然の出会いをWEB上でも

湯山玲子 二村ヒトシ著『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』が真摯に語る現代ー香山リカが解説!

時代とともに変わりゆく“性意識”。生身のセックスは面倒くさい、と思う人が増えているーー真摯に大胆に、いまどきのセックス事情を語り尽くした一冊を、精神科医の香山リカが紹介します。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】

香山リカ【精神科医】

肉食系シニア男子が幸福な老後を送るために必要なこと

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

日本人はもう

湯山玲子 二村ヒトシ 著

幻冬舎

1500円+税

装丁/川名 潤(Prigraphics)

衝撃的なタイトルだ。でも、とても深い本。結論から記そう。「生身のセックスは『めんどくさーい』」と思う人が増え、たまにそうじゃない男女がいても多くは「侮辱」や「自虐」のセックスしかできない。「尊敬と愛情」が含まれるセックスは今や「もの凄い贅沢品」になりつつある、というのが、人間に精通した女性作家と男性AV監督が見た“いまどきのセックス事情”。

「いやいや、それは草食化、オタク化してる若いやつらの話だろう。なぜならオレは…」と反論がある肉食系ミドル~シニア男子(?)にこそ、ぜひ本書を一読してほしい。そこにはギラギラ世代の男性たちへのキビシイ言葉も並んでいる。「日本の男性の多くは、そもそも感情がひからびてしまっている」「男は50になっても成熟してなくて、たいていはつまらなくなってくるね」「バカな男は年をくったほうが自慢がひどくなる」。最初は笑いながら読んでいても、次第に「もしかしてこれオレのこと?」と顔が青ざめてくるのではないだろうか。

もちろん、本書には脅しの文句ばかりが並ぶわけではない。女性もきちんと自立して依存体質を卒業し、その上で男女がお互いを尊重し感情を解放し、「共に生きる」ためのセックスをする。ふたりの縦横無尽なおしゃべりを読んでいると、その可能性の追求をやめるのはもったいないな、という気になってくる。

とはいえ、今さらそんな崇高な境地には達せそうにないという男性には、せめて本書から次の言葉を贈りたい。

「既婚者は奥さんと、もう一回愛し合えるのかどうか向き合ってみて、ダメだったら別れた方がいい。向き合うというのは自分の都合だけではなく、奥さんの持っている本当のニーズに応えようとすること。」

どうだろう。これくらいできるのではないか。いや、これがいちばんむずかしい、と言っている男は、自分には幸福な老後は来ないと思ったほうがよいだろう。

(週刊ポスト2016年6.24号より)

記事一覧
△ 湯山玲子 二村ヒトシ著『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』が真摯に語る現代ー香山リカが解説! | P+D MAGAZINE TOPへ