本との偶然の出会いをWEB上でも

ヴァレリー・アファナシエフ著『ピアニストは語る』による音楽教育への提言。

カリスマピアニストが、自身の人生の軌跡と、音楽哲学を語ります。そこに描かれているのは、ソ連時代の暗鬱な空気の中でのモスクワ音楽院での修業の日々や、国を捨てる決意をするに至るまでなど。井上章一が解説します。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
井上章一【国際日本文化研究センター教授】

西側へ亡命する前後の興味深い逸話、音楽教育への提言

ピアニストは語る
講談社現代新書 800円+税

二十一世紀へはいったころから、私はクラシックの音楽を、よく聴きだした。もっぱらピアノ曲だが、アファナシエフの演奏にも、CDで耳をかたむけたことはある。表現のゆたかな、癖の強いプレイぶりが、印象にのこっている。
 悪く言えば、芝居気たっぷりとうけとれなくもない。役者が見得をきるような表情のつけかたに、くさいと感じるむきはいるだろう。まあ、「展覧会の絵」(ムソルグスキー)あたりだと、それもおもしろくうけとれる。しかし、ベートーベンのソナタでは、作為がすぎるように感じもした。
 いや、この書き方には気取りがある。もっと、正直にのべておこう。ビギナーの私には、アファナシエフの大げさな身ぶりが、わかりやすかった。あれで、クラシックにもおもしろいところはあるなと思えた日々だって、あったのである。
 さて、今回紹介するのは、アファナシエフを語り手とするインタビューの記録である。その157ページに、おどろくべき当人の声が、おさめられていた。
「派手にコントラストをつけたりしてはなりません。度を過ごさないことが大切です。いつも何かをしていなければ、などと思わないこと」
 えっ、あなたこそ「度を過ご」していたんじゃあないのと、言葉をかえしたくなってくる。まあ、私の鑑賞力じたいが、おそまつだったということかもしれない。読みすすむうちに、アファナシエフの演奏は、近年かわりだしていることが判明した。ながらく遠ざかっていたピアニストだが、もういちど聴いてみようか。
 一九四七年のモスクワ生まれ。ソビエト連邦下に、音楽教育をうけている。一九七四年には、西側へ亡命した。その亡命前後に体験したことどもも、こちらは抑制のきいた口調で、つたえてくれる。KGBの意外なまぬけぶりをはじめ、興味深い逸話が満載。音楽教育のありかたをめぐる意見も、なるほどと思う。日本文化については、買いかぶりがすぎようか。

(週刊ポスト2016年12.1号より)

記事一覧
△ ヴァレリー・アファナシエフ著『ピアニストは語る』による音楽教育への提言。 | P+D MAGAZINE TOPへ