本との偶然の出会いをWEB上でも

阿部珠理著『メイキング・オブ・アメリカ 格差社会アメリカの成り立ち』が明らかにする真実。与那原恵が解説!

アメリカ先住民研究者の著者が、マイノリティを見つめ続ける中で見いだした、アメリカの持つ理念と現実の乖離。リアルな視点で語られる一冊を、ノンフィクションライターの与那原恵が解説します。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
与那原 恵【ノンフィクションライター】
メイキング・オブ・アメリカ 格差社会アメリカの成り立ち
メイキングオブアメリカ_書影
阿部珠理 著
彩流社
2200円+税
装丁/渡辺将史

「建前」に疲れ「本音」を解放した国はこの先どうなるか

 アメリカ先住民研究者の著者による「格差社会アメリカ」の通史である。〈「自由の国」として出発したアメリカは、その最初より、理念と現実の甚だしい乖離を内包していた。その乖離こそが「アメリカの矛盾」を際立たせるものだった〉と指摘する著者は、平明な語り口で、不平等と格差に満ちたアメリカ社会の始原と、その構図が今日に続いていることを様々な視点とエピソードで明らかにしていく。
 アメリカ先住民の多大な受難を礎にした建国、そしてアメリカ源流とされるピューリタンは、インディアンの部族を「異教徒の悪魔」とみなすような不寛容な面を持っていた。さらには十八世紀末、人口の五分の一に迫った黒人奴隷に対する過酷な処遇……。
 やがて変容を遂げつつ移民国家が形成されていくが、アメリカの幸福と豊かさはインディアンや黒人の不幸によってあがなわれたものだったのだ。そうした社会の中で莫大な富を築く大富豪が現れる。
〈アメリカほど、「他人の不幸は我が身の幸福」の構図を、短期間でかつ大規模に見せつけた国は少ない〉と、著者は言う。その歴史をたどっていけば、アメリカのどの時代にも格差は存在しており、例外的なのは中産階級が増えた一九六〇年代のみなのだ。それでも、努力さえすればすべての人に成功のチャンスはあるというアメリカン・ドリームは生き続けてきたはずだった。
 人種差別や性差別発言を繰り返してきたトランプが米大統領選に勝利したのは、政治的に正しいとされる発言やふるまいといった「建前」に疲れ切り、「本音」を解放したからだといわれる。自由や平等といった理想すら手放したくなるほどの格差が生じているのだが、いたたまれないのは、強者対弱者の構図ではなく、弱者同士の分裂になっていることだ。
 本音をさらけ出したあと、アメリカはどうなるのか。建前と本音、理念と現実の乖離を埋めるべく努力してきたことも、この国の歴史だと信じたいのだが。

(週刊ポスト2017年1.27号より)

記事一覧
△ 阿部珠理著『メイキング・オブ・アメリカ 格差社会アメリカの成り立ち』が明らかにする真実。与那原恵が解説! | P+D MAGAZINE TOPへ