本との偶然の出会いをWEB上でも

少子化は「問題」ではなく「答え」『ローカリズム宣言 「成長」から「定常」へ』

人口減少と少子化が進み、資本主義が崩壊しつつある日本で、本当に豊かに生きるにはどうすればよいか? 現代の社会に疑問を持ったときに読みたい一冊を紹介します。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
関川夏央【作家】

ローカリズム宣言 「成長」から「定常」へ
ローカリズム宣言 「成長」から「定常」へ 書影
内田樹 著
デコ
1600円+税
装丁/岩間良平(トリムデザイン)

少子化は人口爆発による諸問題を回避するための「答え」

政治家と経済評論家は成長を強調する。だが基本インフラの建設がとうに終り、人口減少と少子化が進む日本が、これ以上成長するわけがない。非正規雇用を増やして人件費を「外付け」すれば企業の業績は上がるが、それは「雇用なき成長」である。
資本主義に先はない、と「直感」した青年の一部、すなわち自らを「格付け」してもらいたがる病気から自由で、かつ「経済合理性」に必ずしも信をおかない青年たちが、近年、地方へ「ターン」し始めている、と内田樹はいう。
日本には豊かなストックがあるではないか、とも著者は強調する。それは化石燃料ではない。深い森と豊かな水だ。また「古い」と軽視されつづけてきた「村」のありかただ。そこには談合があり協力があった。
共同体への帰属意識なしには人は安心できず、また成長・拡大なき「定常」の未来もえがけない。その共同体のサイズとして歴史的合理性を持つ「藩」に注目した著者は、「廃県置藩」を提案する。
二〇一一年に大学を退任した内田樹は神戸に「凱風館(がいふうかん)」を開いた。それは合気道の道場であり、「私塾」でもある。同時に三百人の「相互扶助活動」のハブともなっている。彼は二十余年の教師生活を誠実につとめたが、文科省の指導による高等教育破壊を現場で実感した。そんな経験が「私塾」設立につながった。
日本の少子化は顕著だ。昨年誕生した子供の数は「団塊」の三分の一強にすぎない。それは国難か?
著者は書く。
〈人口爆発による地球の生態学的環境の劣化、エネルギー、食糧、医療資源、教育資源、すべての不足によって起きる暴力的な争奪や紛争を回避するために人類が処方した「答え」が少子化なのです〉
そうか。少子化は「問題」ではなく「答え」なのか。
ならば私たちはそれに従って、ローカルな集合体を「小商い」で維持して、成長なき「定常社会」をおだやかに生きるほかはない。

(週刊ポスト 2018年2.16/23号より)

記事一覧
△ 少子化は「問題」ではなく「答え」『ローカリズム宣言 「成長」から「定常」へ』 | P+D MAGAZINE TOPへ