本との偶然の出会いをWEB上でも

ちょっとばかり理屈っぽい世間話『社会学』

抽象的で、すこしわかりづらいと思われがちな学問「社会学」。しかし著者は「『社会学』というのはしょせんちょっとばかり理屈っぽい世間話」でしかないと言います。私たちをとりまく世の中の仕組みを知るためのヒントがつまった一冊。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
井上章一【国際日本文化研究センター教授】

社会学
社会学 書影
加藤秀俊 著
中公新書
780円+税

西洋の理論をありがたがりすぎるのは明治期の弊風

私事にわたるけれども、私は「社会学者」の井上章一と紹介されることがある。週刊誌の誌面などで、そう言及されることがないではない。世間の雑多なことどもをしらべて本にまとめる様子が、「社会学」的と見えるのだろうか。
しかし、私はその世界で古典とされるウェーバーやデュルケームを、読んだことがない。ブルデューやギデンスにも、目をとおしてこなかった。まあ、名前ぐらいは聞きかじっているが。
そんなあなたは社会学者じゃないし、そうとりあげるマスコミはまちがっている。あなたのような人とはいっしょにされたくないから、自分たちは西洋の理論を学んできた。学生たちにも、井上みたいなやり方はまねるなと言っている。私は、社会学畑の人から、面とむかって以上のように言われたことが、何度となくある。
いっぽう、著者は言う。「『社会学』というのはしょせんちょっとばかり理屈っぽい世間話」でしかない。「こういう話があるよ……ああそうかい、勉強になったよ」。そんなやりとりにこそ、社会学の要諦はある、と。西洋の理論をありがたがりすぎるのは、明治期の学問受容がもたらした弊風であるらしい。
世間話に淫した私の本なども、この著者なら社会学の仕事だとみなしてくれるのだろうか。まあ、今さらそんなことは、どうでもいいのだけど。
社会学の中には、「一般化された他者ジェネラライズド・アザー」という概念がある。これなどは、世間のことだとうけとめておけばいい。「社会関係資本ソシアルキャピタル」も、世間の大きさ、顔の広さをしめす指標だと理解すれば、それですむ。このわかりやすさは、ありがたい。おおげさな術語は学会むけの隠語であり、本質的には不要であるという。喝采をおくりたくなる科白である。
私には、第五章の「居場所」を論じたところが、とりわけおもしろかった。空間と振舞のかかわりが、明快に論じられている。まあ、講壇社会学は、あいかわらずはねつけそうな気もするが。

(週刊ポスト 2018年6.8号より)

記事一覧
△ ちょっとばかり理屈っぽい世間話『社会学』 | P+D MAGAZINE TOPへ