本との偶然の出会いをWEB上でも

沢木耕太郎が選ぶ九編を収録『山本周五郎名品館Ⅰ おたふく』

膨大な量の短編を残した作家・山本周五郎。いまも読み続けられている作品群のなかから、沢木耕太郎が選んだ傑作を収録した短編集です。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
嵐山光三郎【作家】

山本周五郎名品館Ⅰ おたふく
山本周五郎名品館Ⅰ おたふく 書影
山本 周五郎 著
沢木 耕太郎 編
文春文庫
850円+税

集団に属さない「意地」をつらぬいた編者の熱い解説

山本周五郎という筆名は、十三歳で奉公に出た質屋の店主の名前で、本名は清水三十六さとむという。二十三歳のとき「文藝春秋」に処女作「須磨すま寺附近」の原稿を投函とうかんするとき、住所氏名欄に「木挽町こびきちょう山本周五郎方、清水三十六」と書いたところ、係の編集者が間違って、作者山本周五郎と印刷してしまった。以後訂正せず、そのまま筆名としたところに周五郎の周五郎たる所以がある。
周五郎の小説には登場人物へのあたたかな目差まなざしがあり、日のあたらぬ吹きだまりに身をよせる人々の人情話にズンと胸をつかまれる。どの小説もジンワリと心にしみて、一冊読むと二冊、三冊と読みたくなる。多種多様の人間を自在に書きわけてみせ、読みやすく、文章が自然体である。どの話にも伏線と仕掛けがある。
生涯膨大な数の短編を書いた周五郎の作品群から、沢木耕太郎が選んだ九編が第一巻『おたふく』に収録された。第二巻『裏の木戸はあいている』にも九編。後続の第三巻、第四巻は六月、七月に刊行される。
沢木耕太郎は、ルポルタージュやドキュメントで「ニュー・ジャーナリストの旗手」としてデビューし、『キャパの十字架』『キャパへの追走』が評価された。七十歳になった人気作家だが、一巻には二十五ページ、二巻には二十三ページにわたる熱烈解説エッセイを書いている。周五郎は昭和十八年(四十歳)、『日本婦道記』が第十七回直木賞を受賞と決定したが、辞退した。後にも先にも直木賞を辞退した作家は山本周五郎だけである。周五郎は「曲軒きょくけん」(へそ曲り)というあだ名をつけられた「意固地」な人であった。沢木氏は大学卒業後、会社を一日で辞めて、あらゆる組織、集団に属さない「意地」をつらぬいた。そこには周五郎の姿が重なる、と回想している。
短編集だから一編を三十分ほどで読める。第一巻の「おさん」を通勤電車で読みふけるうち、夢中になって下車駅(国立)を通りすぎて、つぎの立川駅まで行ってしまったことを白状しておこう。

(週刊ポスト 2018年6.22号より)

記事一覧
△ 沢木耕太郎が選ぶ九編を収録『山本周五郎名品館Ⅰ おたふく』 | P+D MAGAZINE TOPへ