本との偶然の出会いをWEB上でも

中国を深刻かつユーモラスに観察した対談本『私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた』

世界中の情報から遮断され、「日本人民、アメリカ人民、世界の人民は、みな毎日食うや食わずの生活をしている」と教えられて中国で育った2人が、存分に語り合った一冊を紹介。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
平山周吉【雑文家】

私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた
私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた 書影
石平・矢板明夫 著
ビジネス社 1300円+税
装丁/芦澤泰偉

世界中の情報から遮断され毛沢東思想に洗脳された日々

中国のことを誰よりも肌身で知っている、二人の正真正銘の“日本人”による対談本である。二人は中国で生れ育った。一人は日本に留学した中国人エリートだが、日本に帰化する。もう一人は日本人残留孤児二世として天津で過ごし、十五歳で家族と共に帰国した。年齢は十歳違いだが、同じ年に日本の土を初めて踏んだ。天安門事件の前の年、一九八八年である。
評論家の石平せきへいと産経新聞の矢板明夫は、中国の痛い所と痒い所を熟知している。中国が最も嫌がる論客であろう。その二人が存分に語り合い、『私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた』と意表を衝く。世界中の情報から遮断され、毛沢東思想に洗脳され、「日本人民、アメリカ人民、世界の人民は、みな毎日食うや食わずの生活をしている」と教室で教えられていたからだ。ジョン・レノン暗殺の報に接しても、「どうも歌手みたいな人間が殺された、やっぱりアメリカは治安が悪い」で納得してしまう。国慶節などの祝日が近づくと「公開処刑」という娯楽がある。学校の体育館に「芸術鑑賞みたいな感じで集められて、反革命分子が死刑判決を宣告される」。銃殺まではお祭りの見物となる。ストレス発散と恐怖心植えつけを兼ねた格好の教育の場であった。
鄧小平時代にはなくなった公開処刑は、習近平時代になって復活した。「習近平の政治手法は完全に毛沢東と同じです。もう人権的な発想などまったくありません」。
八〇年代には日中蜜月が演出された。お金と技術だけでなく、日本の大衆文化がどっと入った。山口百恵の「赤い」シリーズ、高倉健の映画、鉄腕アトムや一休さんのアニメ。中でも『おしん』は中国人の人間観・社会観に大きな影響を与えた。資本主義のなかで努力して金持ちになることを肯定していたからだ。当時は「反日」の空気はなく、たとえ反日運動があってもすぐに弾圧されたという。
大国中国を深刻且つユーモラスに観察した「相声」(中国版の漫才)ともいえるブラック爆笑本だ。

(週刊ポスト 2018年8.3号より)

記事一覧
△ 中国を深刻かつユーモラスに観察した対談本『私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた』 | P+D MAGAZINE TOPへ