本との偶然の出会いをWEB上でも

吉行和子『そしていま、一人になった』/天才一家に生まれた女優が、家族を語る

父はダダイズムの詩人、吉行エイスケ。母はNHK連続テレビ小説『あぐり』で有名になった美容師。兄の吉行淳之介と妹の理恵は芥川賞作家。そして自身も、劇団民藝の看板女優として活躍した吉行和子が、いまだから語れる家族への想いを綴ります。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
嵐山光三郎【作家】

そしていま、一人になった
そしていま、一人になった 書影
吉行和子著
ホーム社 1700円+税
装丁/縄田智子 L’espace

八十歳を迎えた女優、吉行和子が明かす家族への想い

 吉行和子が住んでいたJR市ケ谷駅から四番町へ向かう坂道沿いに「吉行あぐり美容室」があった。泉鏡花が『草迷宮』を書いた地である。平成九年(一九九七)にNHK連続テレビ小説『あぐり』で有名になった。かつてはペパーミントグリーンのビルで屋根にはネオンサインがあり「パーマネント・ウエーヴ」という文字が光っていた。百坪ほどの地に三階建ての家があり、一階の待合室にはアールデコ風の置き物やシャンデリアまがいの電気装置があった。
 主人はダダイズムを信奉する吉行エイスケで、美容室の経営を妻のあぐりにまかせて放蕩し、三十四歳で死んでしまった。
 残された子は吉行淳之介(長男)、吉行和子(長女)、吉行理恵(次女)の三人だった。淳之介は『驟雨』で芥川賞作家となり『暗室』(谷崎賞)『夕暮まで』(野間文芸賞)など話題作を執筆する文壇の寵児となり、七十歳で他界した。吉行和子は、劇団民藝の気品高き看板女優となり、和子さんより四歳下の理恵さんは『小さな貴婦人』で芥川賞を受賞した。目がくらむような天才三人きょうだいである。
 和子さんは理恵さんと連れ立って海外旅行をしたが、内向的な性格の理恵さんは六十六歳で他界して、青山の墓に入った。残ったのは長寿の母あぐりで、九十代でメキシコの旅についてきた。つづいてネパールへ行き、これはテレビの旅番組となった。飛行機のなかではえんえん文庫本を読んでいた。「何読んでるの」と聞くと「淳之介と理恵のよ。すぐ忘れるから何度読んでも面白いのよ」と言った。スーパーマザーの貫禄のあぐりさんは一〇七歳の長寿を全うして他界した。きら星のごとく輝いていた吉行ファミリーは、和子さんひとりになってしまった。
 元旦に手相を占うと、強い生命線が二本も。母に似てきた!
 いまの心境は「風前の灯」。とは、さすが吉行きょうだい。『そしていま、一人になった」という感慨。この書に出てくる『窓烏まどがらす』(吉行和子俳号)の句が鮮烈。一〇七歳まで生きそうな勢い。

(週刊ポスト 2019年6.21号より)

記事一覧
△ 吉行和子『そしていま、一人になった』/天才一家に生まれた女優が、家族を語る | P+D MAGAZINE TOPへ