本との偶然の出会いをWEB上でも

佐藤卓己『流言のメディア史』/フェイクニュースはなぜ生まれ、人々に受け入れられるのか?

今日のデジタル社会では、SNSで流言(フェイクニュース)が大量に流れ、おそろしいほどの速度で拡散されています。あいまいな情報が氾濫するいまこそ読みたい、メディア・リテラシーを上げる新書。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
与那原 恵【ノンフィクションライター】

流言のメディア史
流言のメディア史 書影
佐藤卓己著
岩波新書
900円+税

流言・デマ・誤報・陰謀論の「真実」と影響を再検証

 根拠のない噂「流言」。人の口から口へと伝わり、あいまいな情報が、いつの間にか真実味をもってしまう歴史は、人間社会の誕生とともに始まったのかもしれない。
新聞や放送、出版などの既存メディアに代わって、今日においては、SNSに大量に流れる流言(フェイクニュース)は、圧倒的な速度と量をもって瞬時に拡散し、ことの真実性の検証さえ到底追いつかない勢いだ。
 今日のデジタル社会において、SNSなどで流れる言説を批判する声も大きいが、しかしながら新聞も放送も出版も登場したときは「ニューメディア」であり、登場以降、「フェイクニュース」ともいえるものを一気に「拡散」させてきたこともある。
 本書は、既存メディアに登場した、流言・デマ・風評・誤報・陰謀論・情報宣伝などのメディア史を通して、その「真実」と、影響を再検証する。さまざまな流言の事例を取り上げていくが、なぜ、流言が生まれ、さらには人々に受け入れられていったのか(もしくは求められたのか)その背景を、深く掘り下げている。なぜならば、〈私たちは「流言」がある世界をまず現実として受け入れる必要があるはずだ〉からだ。
 それが、なかなか容易ではないことを本書によって教えられた。例えば、一九三八年にアメリカでのマス・パニックとして知られるラジオドラマ「宇宙戦争」がある。放送直後から全米に「火星人襲来」騒動を引きおこした、というのが通説だ。ところが現実は、パニックといえるほどの現象はなく、これをパニックに仕立てあげたのは、その後の新聞報道だった。〈ラジオと新聞の合作による二重の意味でのメディア流言だった〉。私もこれまでパニック説を真に受けていた一人である。
 ほかにロンドン軍縮会議にまつわる政治スキャンダル、戦後のGHQの報道規制、風評被害など、さまざまに検証する。あいまいな情報が氾濫する現代こそ、〈信頼できるメディアを自ら育てていく覚悟が必要とされている〉。

(週刊ポスト 2019年7.5号より)

記事一覧
△ 佐藤卓己『流言のメディア史』/フェイクニュースはなぜ生まれ、人々に受け入れられるのか? | P+D MAGAZINE TOPへ