本との偶然の出会いをWEB上でも

【著者インタビュー】林真理子『私はスカーレットI』/名作『風と共に去りぬ』が現代に甦る!

林真理子氏が中学2年のときに読み、世界が変わるほどの衝撃を受けたという『風と共に去りぬ』。三人称で書かれた物語が、林氏自身の手でスカーレットの視点に大胆に書き換えられ、ふたたび現代に甦りました。

【大切な本に出会う場所 SEVEN’S LIBRARY 話題の著者にインタビュー】

林真理子さんが「私を作家へと導いた小説」と呼ぶ名作『風と共に去りぬ』を現代に甦らせた最新長編が幕開け! スカーレットへの憧れやバトラーへの恋心をふたたび。

『私はスカーレットI』

小学館文庫 600円

ヴィヴィアン・リー主演で映画化(1939年)され、作品賞をはじめアカデミー賞10部門を受賞するなど世界的大ヒットを記録した名作『風と共に去りぬ』。南北戦争時代のアメリカを舞台に、個性的な美貌と激しい気性を持つ主人公スカーレットの波乱にとんだ半生を描いたマーガレット・ミッチェルの長編小説を、林真理子さんが大胆に超釈。第1巻では、その美貌で青年たちの愛を一心に集めていた16歳のスカーレットが、アシュレとの恋に破れ、その当てつけに、結婚相手メラニーの兄チャールズと結婚するが・・・・。来年春には第2巻が発売予定。

林真理子

●HAYASHI MARIKO 1954年山梨県生まれ。’82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。’86年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞、’95年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、’98年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。週刊文春のエッセイ連載はなんと週刊誌の世界最多連載記録を更新中。

小説の面白さに我を忘れる醍醐味をぜひ味わってほしい

 中学2年の時に初めて読んだ『風と共に去りぬ』は、林さんにとっての「魔法の薬」、世界を変える一冊だった。
「今にきっと美人になって、スカーレットみたいなドレスを着て、レット・バトラーのような男性と激しい恋をするんだと、こんなド田舎の中学生であることを悲しみながら、本気で思ったんですよ」
 30年以上前、アメリカ国務省のプログラムで招かれた時も、小説の舞台であるアトランタを迷わず滞在地に選んだという。
 5年ほど前、『風と共に去りぬ』の新訳を依頼された時は、そのまま訳すのではなく、三人称で客観的に書かれた物語を、〈私はいわゆる美人、というのではないかも〉というスカーレットの視点で、大胆に書き換えることにした。
「改めてじっくり原作を読むと、スカーレットってまだ16歳なんですよ。子供ですから、知恵や計画もなく、行き当たりばったりなのも当たり前。作者のマーガレット・ミッチェルは時々、意地悪くスカーレットのことを書いたりするけど、彼女には彼女の言い分があるんだというのを、私は一人称で表現しようと思いました。南北戦争などの時代背景は書きにくくなりますけど、16歳が見聞できる範囲で書くように工夫しています」
 大好きなアシュレがメラニーと結婚することになり、スカーレットは面当てに好きでもないチャールズとスピード結婚する。結婚式の1週間後に夫は出征、病気で亡くなった後に、妊娠がわかる。波乱万丈のスカーレットの人生には、1巻だけでもこれだけのことが目まぐるしく起こるのだ。
「おしゃれをしてウエストを細く絞るシーンとか、女の人が好きなものがいっぱい詰まった小説です。タイプの違ういい男が2人いて、若い時は男らしいレットがよかったけど、優柔不断で何を考えてるのかわからないアシュレの良さもわかるようになりました。原作を読んだ人も読んでいない人も楽しめると思いますので、小説の面白さに我を忘れる、あの感じをぜひ味わってほしいです」
 スカーレットをニューヨークに行かせたら? と「続篇」の構想が出るほど、『風と共に去りぬ』にのめり込んでいる林さんである。

素顔を知りたくて SEVEN’S Question-1

Q1 最近読んで面白かった本
月村了衛さんの『欺す衆生』。詐欺師になっていく男の物語、面白かった。

Q2 新刊が出たら必ず読む作家は?
絲山秋子さん。うまいですね。あと、篠田節子さん。このお二人はよく読んでいます。

Q3 好きなテレビ・ラジオ番組は?
『チコちゃんに叱られる!』。もう終わっちゃったけど、『あなたの番です』も見てました。一緒に見ていた娘が最終回の録画を見て「ふざけんな!」って怒ってました(笑い)。

Q4 最近気になるニュースは?
暮れに香港に行くんですけど、デモのことはすごく気になっています。中国の人は本当のところ、どう思ってるんですかね。香港返還の時、その日を見たいと思って香港に行ったんですけど、まだ中国の力が弱かった時に香港はもうちょっと何かすべきだったんじゃないか。

Q5 最近ハマっていることは?
ラグビーですね。こんなに面白かったのかって。明後日もワールドカップを同級生の藤原くん(元日本代表の藤原優さん)と観に行きます。

Q6 何か運動をしていますか?
やってますよ。やってないと思ってます? 今年は少し遊びすぎたので、月に8回、パーソナルトレーナーについてメンテナンスしています。

●取材・構成/佐久間文子
●撮影/浅野剛

(女性セブン 2019年11.7/14号より)

記事一覧
△ 【著者インタビュー】林真理子『私はスカーレットI』/名作『風と共に去りぬ』が現代に甦る! | P+D MAGAZINE TOPへ