本との偶然の出会いをWEB上でも

荒木優太『秋本治の仕事術 『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由』/偉業達成の秘訣は、どこまでも合理的な仕事術にあった!

週刊少年ジャンプで、決してマンネリになることなく、40年にわたって連載された漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。その作者の偉業を支えた仕事術を公開した一冊を紹介します。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
森永卓郎【経済アナリスト】

秋本治の仕事術 『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由

秋本 治 著
集英社
1200円+税
装丁/文屋宏隆

偉業達成を支えたすぐに役立つ仕事の知恵が満載

 週刊少年ジャンプに連載されていた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、私の一番好きな作品だった。懐かしい下町風景や人情のなかにスーパーカーとかデジタル機器といったその時々の最新トレンドが織り込まれて、決してマンネリになることがなかった。そんな連載を40年間も続けたのだから、著者の偉業達成の秘訣が知りたいと思うのは、誰しも同じだろう。
 しかし、本書に書かれていたのは、魔法の仕事術ではなかった。もちろん、それはつまらないことが書かれているということではない。それどころか、どこまでも合理的な仕事術があったのだ。
 時間管理は、自分自身で作業工程をスケジューリングし、そして一つ一つの工程の無駄を削っていく。そうすれば、全体の時間に余裕ができて、締め切りに間に合わなくなるリスクが減るだけでなく、新しい仕事や取材のための時間も捻出できる。肝は、工程の時間削減だ。著者は、工場の取材をしたときに、工具箱から道具を出す時間を削るために、道具を壁に吊り下げた工場の工夫から思い付いたというのだが、このやり方は、20世紀初頭にフレデリック・テイラーが提唱した「科学的管理法」の主要手段だ。テイラーは、生産工程の作業を「要素動作」と呼ばれる動作単位に分解して、それぞれの時間を削減する方法を模索した。その他にも、著者が行う時間管理は、現代の管理工学が教える効率化の手段と基本的に同じだ。それを自ら考え出したというのだから、学者並みの才能だ。それどころか、著者の仕事術は、管理工学を凌駕している。それが著者の発想の技術だ。情報を丹念に集めてスクラップする。そして、これはと思うものは、自ら現場に赴き、話を聞く。そうすると、疑問が解けるだけでなく、想像もしなかった意外な知見が得られるというのだ。アイデアは無からは生まれない。だから、まず動くのだ。その他にも、本書には、すぐに役立つ仕事の知恵が満載だ。締め切りに苦しんでいる人、すぐ発想に行き詰まる人には、文句なしのお勧めだ。

(週刊ポスト 2019年11.8/15号より)

記事一覧
△ 荒木優太『秋本治の仕事術 『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由』/偉業達成の秘訣は、どこまでも合理的な仕事術にあった! | P+D MAGAZINE TOPへ