本との偶然の出会いをWEB上でも

金 誠『孫基禎――帝国日本の朝鮮人メダリスト』/日本と朝鮮半島の複雑な関係を、冷静な筆致で描く

1936年のベルリンオリンピックで、マラソンの金・銅メダルを獲得した日本代表は、ともに朝鮮半島出身の朝鮮人でした。日本と朝鮮半島の複雑に絡み合った近現代の関係を明らかにする五輪史!

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
与那原 恵【ノンフィクションライター】

孫基禎ソンギジョン――帝国日本の朝鮮人メダリスト

金 誠 著
中公新書
800円+税

国と民族を背負わされた「英雄」の生涯

 今、読まれるべき五輪史だ。一九三六年、ベルリンオリンピック。マラソンで金・銅メダルを獲得したのは日本代表だった。優勝の孫基禎ソンギジヨン。三位の南昇龍ナムスンニヨンは、ともに、朝鮮半島出身の朝鮮人である。彼らは〈朝鮮民族の代表として帝国日本のマラソンランナーになった〉。孫の快挙は、日本では国威発揚に利用され、朝鮮では民族の優秀性を示す英雄として扱われた。
 本書は、孫の生涯を通じて、スポーツ選手が国と民族を背負わされた時代、さらに日本と朝鮮半島の複雑に絡み合った近現代史の関係を、冷静な筆致で描いていく。
 孫は、日韓併合の二年後、一九一二年に現在の北朝鮮・新義州で生まれた。貧しい家庭に育った少年は、走ることに喜びを見出した。十代半ばで中距離選手として頭角をあらわし、二十歳でフルマラソンを初めて経験した。三五年にオリンピック第二次予選を兼ねた競技会で世界最高記録(最終選考レースは二位)、ベルリン五輪では当時の五輪最高記録を打ち立てた。
 日本は喜びの熱狂で沸き、新聞は「半島選手の勝利」を植民地支配の成果と結びつけて報じた。一方、朝鮮の新聞では「世界制覇の朝鮮マラソン」という見出しが躍った。大問題に発展したのは『東亜日報』が掲載した写真である。
 表彰台の孫の胸にあるはずの日の丸が意図的に消されており、同紙は発行停止処分となった。孫の与り知らぬことではあるが、日本の当局は、朝鮮の民族運動を誘発する人物として彼を警戒する。
 複雑な立場に置かれた孫は、陸上競技、マラソンを断念せざるを得なかった。戦時中には学徒志願兵の募集など、対日協力に従事したことも本書が明らかにしている。四五年、朝鮮半島は植民地支配からの「解放」を迎えたが、五〇年に朝鮮戦争が勃発。孫が郷里に帰ることはかなわなくなった。
 そののち彼はスポーツ界の要職を歴任。そして八八年、民主化後の韓国でソウル五輪が開催されるに至る。開会式のスタジアムに聖火を持って現れたのは、七十五歳になる孫基禎、その人であった。

(週刊ポスト 2020年10.9号より)

記事一覧
△ 金 誠『孫基禎――帝国日本の朝鮮人メダリスト』/日本と朝鮮半島の複雑な関係を、冷静な筆致で描く | P+D MAGAZINE TOPへ