本との偶然の出会いをWEB上でも

ノア・ストリッカー著・鳥の行動学と人間の関連性を読み解く『鳥の不思議な生活』

鳥類観察のため南極から熱帯雨林へと旅する著者が、鳥の不思議な生活と能力についての研究成果を、自らの観察を交えて描きます。

【サライブックレビュー 読む】

極地で観察した鳥の行動学と人間を結びつけて考察─

鳥の不思議な生活

鳥の不思議な生活

ノア・ストリッカー著

片岡夏実訳

築地書館(☎03・3542・3731)

2400円

著者は、まだ20代の若きアメリカ人鳥類学者。極寒の南極やオーストラリアの原野など過酷な辺境の地へと赴き、鳥を観察し続ける。本書はその野外調査の成果だ。

ハチドリは、世界最小の鳥である。とりわけキューバに(むマメハチドリの体重は何と1・8gしかない。あまりに小さく、捕食者に狙われる危険すらない。米国防総省が研究開発した「ナノ・ドローン」は、実はそのハチドリの敏捷(びんしょう性にヒントを得たものだった。

ニワシドリの雄は木の実や葉、瓶の(ふたやボールペンなどあらゆるものを用い、色彩豊かで個性的な構造物をこしらえる。それは雌への求愛活動のためであり、巣とは別のものだ。それを人間に(たとえれば、創造性や財産を持つ男性は女性を(きつけやすいといえる。芸術は原始的な求愛活動のひとつであり、富の一形態なのだ。

利他的行為とは何か。芸術や愛とは何か。本書の特徴は鳥の動物行動学に、人間との共通項を探る点だ。時にユーモア、時に詩的表現を交えた文章も(える。

(取材・文/鳥海美奈子)

(サライ2016年5月号より)

 

記事一覧
△ ノア・ストリッカー著・鳥の行動学と人間の関連性を読み解く『鳥の不思議な生活』 | P+D MAGAZINE TOPへ