本との偶然の出会いをWEB上でも

坂井孝一『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』/NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の時代考証者が歴史を紐解く!

2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』をより深く楽しむために、ぜひ読みたい一冊! 国際日本文化研究センター所長の井上章一が解説します。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
井上章一【国際日本文化研究センター所長】

源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか

坂井孝一 著
PHP新書 
1122円
装丁/芦澤泰偉+児崎雅淑

『吾妻鏡』にゆがめられた「身勝手な将軍像」

 NHKが今年放送する大河ドラマは、『鎌倉殿の13人』である。鎌倉幕府の草創期が舞台となる。ここに言う十三人は、二代将軍みなもとの頼家よりいえのささえとなった御家人、宿老たちをさす。
 頼家には、わがままなところがあった。彼の暴走をおさえたい。そんな思惑から、初代源頼朝よりともの総領息子は実権のない将軍としてまつりあげられた。政治の運営は、十三人の合議制ですすめられるようになっていく。これまでは、『吾妻あずまかがみ』の記録にしたがい、以上のような歴史が語られてきた。
 しかし、十三人がじっさいにあつまったことは、一度もない。彼らの合議制はフィクションである。そうこの本で喝破する著者が、今年は大河ドラマの時代考証をになう当事者になっている。
 十三人の合議は嘘だという研究者が、『鎌倉殿の13人』をささえることになる。いったい、大河はどうころがっていくのか。その成り行きが、たのしみでなくもない。
『吾妻鏡』は、鎌倉幕府の公的と言ってよい歴史の記録である。しかし、その内容は執権の北条氏をことほぐ都合で、けっこうゆがめられた。身勝手な将軍頼家像も、同じ事情により誇張されている。三代将軍源実朝さねともの暗君ぶりも信じるにあたいしないと、著者は言う。さらに、叙述のそこかしこで、京都側の記録である『明月記めいげつき』や『愚管抄ぐかんしよう』を活用した。
 そういう作業をへて、鎌倉前期の歴史は、新しい相貌とともに浮上する。とりわけ、私は和田合戦の斬新な読み解きに、強い感銘をうけた。合戦でもめあった御家人たちの居館を地図でしめされ、多くのことが腑におちている。京都側の『明月記』がはらむ情報の混乱も、見事に解きほぐされたと思う。史料としての命が、ふきこまれたようにもうけとめた。
 この時代に関する私の見取図は、おおむね永井路子の歴史小説でできている。それでつちかわれた思いこみは、ずいぶん修正された。しかし、同時に彼女の史眼がたいそうすぐれていたことも、再認識させられたしだいである。

(週刊ポスト 2022年1.28号より)

記事一覧
△ 坂井孝一『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』/NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の時代考証者が歴史を紐解く! | P+D MAGAZINE TOPへ