本との偶然の出会いをWEB上でも

伊坂幸太郎『ペッパーズ・ゴースト』/現実とはなにか、未来とはなにか。常に読者に問いかける小説

物語は猫の虐待者およびその〝応援者”に対して残虐な処罰を下してまわる雇われ復讐人の話からはじまる。ところが、実はこの話は女子中学生が書く作中作で……。ニヒリズム思想を取り入れながら、それを希望へと転換する伊坂マジックが堪能できる一冊。

【ポスト・ブック・レビュー この人に訊け!】
鴻巣友季子【翻訳家】

ペッパーズ・ゴースト

伊坂幸太郎 著
朝日新聞出版 1870円 
装丁/川谷康久

過酷な現実を前に生きる光を持ち続ける果敢な人々の物語

「ペッパーズ・ゴースト」とは、疑似ホログラム映像のこと。透明な反射板を用いて、別な場所にいる人物などを空中に映し出す手法で、ディズニーランドのホーンテッドマンションなどで使われている。つまり、あなたの目に見えているものの実在性を、本書のタイトルは問うているのだ。
 ニーチェの永遠回帰の思想が引用される。すべてのものは始まりも終わりもなく、永劫に繰り返すというものだ。作中に幾度も引かれるのは、ツァラトゥストラの名言、「これが、生きるってことだったのか。よし、もう一度!」である。
 物語は、楽観主義者の「アメショー」と悲観主義者の「ロシアンブル」という、対照的な男性二人組の話で幕開けする。彼らは猫の虐待者およびその〝応援者”に対して残虐な処罰を下してまわっている雇われ復讐人だ。ところが、この挿話はある女子中学生の書いている作中作であり、それを彼女の国語教師が読んで、アドバイスなどを与えているのだと判明する。
 この教師「檀千郷」には、他人の未来が見えてしまうという、一族の男性に代々伝わる秘密の超能力が備わっている。その予知能力は〈先行上映〉と身内の間では呼ばれているが、檀は未来を知ったからといって、災いを阻止することはほとんどできない。未来を変えられないことに無力感と虚無感を覚える彼は、あることをきっかけに、数年前に起きた人質籠城爆破事件の被害者遺族と、彼らの企みに巻きこまれていく。やがて、檀の読んでいた作中作と現実が驚くべき交わりを見せ……。
 爆破事件はなぜ悲劇的な結末を迎えたのか? 遺族たちの企みの目的とは? 人間がなにをしても世界の道行きは変えられないのか?
 現実とはなにか、未来とはなにか、読者はつねに問いかけられる。これは、過酷な現実を前に生きる光を持ち続ける果敢な人々の物語だ。ニヒリズム思想を取り入れながら、それを希望へと転換する伊坂マジックを堪能いただきたい。

(週刊ポスト 2022年2.11号より)

記事一覧
△ 伊坂幸太郎『ペッパーズ・ゴースト』/現実とはなにか、未来とはなにか。常に読者に問いかける小説 | P+D MAGAZINE TOPへ